ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三戸なつめもべた褒め! マルコメ“初代マルコメちゃん”が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“MISO KAWAII”をテーマにしたマルコメの「新しい味噌汁」開発プロジェクトのメインプロジェクトである「初代マルコメちゃんオーディション」。11月7日(土)、東京体育館で開催された日本を代表するカルチャーが集結するイベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」にて、ファイナリスト7名がステージに登場し、最終審査が行われた。

審査員は、“味噌ナツメ”こと三戸なつめ、青文字系ファッション雑誌『mer』編集長・正田省二氏、C Channel 社長・森川亮氏、アソビシステム株式会社中川悠介社長、マルコメ株式会社青木時男社長。最終審査では、ファイナリスト全員が、マルコメちゃんを彷彿とさせるショートカットの髪型で登場し、好きな味噌汁の具材やエピソード、“初代マルコメちゃん”への意気込みを披露した。

最終審査を経て、“初代マルコメちゃん”に選ばれたのは、長崎県出身の20歳、下田朝陽さん。最終審査で、好きな味噌汁の具のひとつに「柿」をあげ、「長い髪をばっさり切って、このオーディションに応募しました。初代マルコメちゃんに選ばれたら、お味噌汁のおいしさを元気いっぱいに発信していきたい」とコメントし、特別審査員を努めた三戸なつめさんも「なかなかのチャレンジャーですね。でも、か、か、柿!?」と興味津々の様子。
下田さんには、「mer」モデルとして誌面への登場、マルコメ新商品の広告物への出演、味噌汁1年分を贈呈。また、特別賞として「C CHANNEL賞」は、鹿児島県出身の19歳、田口美早季さんが受賞した。

さらに、三戸なつめからは「中田ヤスタカさんに味噌の歌をつくってもらいます」との宣言も飛び出した。囲み取材では、「(内容は)まだナイショですね。『味噌への愛』を歌いたいと思います」とコメントし、今後もこのプロジェクトから目が離せない!

<初代マルコメちゃん下田朝陽さん受賞後コメント>
「なにがなんだかわからないです。でも、すごくうれしいです」
 

<特別審査員・三戸なつめコメント>
「約600名の女の子が、初代マルコメちゃんを目指して、オーディションに挑んでくれました。今回選ばれた7人は、みんなかわいいのはもちろんです。そんな中、下田さんは二次審査でお味噌の魅力を熱く語っていたのがとても印象的でした。みなさんこれからもぜひ、下田さんを応援してください。よろしくお願いします!」

<ファッション誌「mer」編集長・正田省二氏のコメント>
「いろいろと悩みましたが、下田さんが初代マルコメちゃんに似合うと思いました。今後、「mer」の表紙も飾ってほしいと思います」

<マルコメ代表取締役社長・青木時男氏コメント>
「こんなにかわいい“初代”が決まってうれしいです。マルコメは世界にどんどん向かっています。下田さんもぜひ世界へ飛びたってください!おめでとうございます」

MISO KAWAII
http://misokawaii.jp

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP