体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナバホ族の聖地!いつ見ても美しいモニュメントバレーの魅力

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley」

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley

こんにちは。TRiPORTライターのYukiです。
「アメリカの広野!」と聞くと、まず最初に浮かぶのは、世界遺産にも登録されているグランドキャニオン国立公園ではないでしょうか。そして、最近では自然が生み出した曲線に囲まれた岩場が絶景として紹介されているアンテロープキャニオンも人気がありますよね。

今回はそんなグランドキャニオンやアンテロープキャニオン観光時に、ぜひ足を伸ばしてほしい、もう一つの絶景「モニュメントバレー」を紹介します。

別名「アメリカの原風景」

モニュメントバレーは透き通る青い空と、赤茶けた広漠たる荒野のコントラストが非常に美しいアメリカを代表する絶景スポットの一つです。 風と雨、そして温度が持つ自然の力が5000万年以上もの時間をかけて高地の表面を切り取り、削ぎ落し続けています。その結果、今のモニュメントバレーの風景を作り出しているのです。

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley」

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley

メサと呼ばれるテーブル状の台地や、メサの侵食がさらに進んで細くなったビュートと呼ばれる岩山が点在しており、まるで様々な形の記念碑が並んでいるように見えることから、モニュメントバレーと呼ばれるようになりました。

このような他にはない景色が広がっていることから、映画の撮影スポットとしても人気。古くは「駅馬車」「黄色いリボン」「荒野の決闘」「アパッチ砦」など有名な西部劇に始まり、「2001年宇宙の旅」「バックトゥザフューチャー3」「フォレスト・ガンプ」などの撮影も行われています。

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley」

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley

モニュメントバレーはナホバ族の聖地

モニュメントバレーはナバホ・インディアンの居留地内にあり、正式には「モニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パーク(Monument Valley Navajo Tribal Park)」と言います。

人口約30万人のナバホ族は、アメリカ・インディアンの中でも最大の部族。米国政府からは独立国家した形となっているため、モニュメントバレーは米国の国立公園にはなっておらず、ナバホの人々が独自に管理し運営しています。

Photo credit: Yuki Nakao「Monument Valley」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy