ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

O-EASTでのワンマンを成功させたDIV、来年10月に日比谷野音ワンマン開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DIV(ダイヴ)が11月7日東京・渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマンライヴを大盛況の内に終了。その公演の最後に、2016年10月10日に東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライヴを開催することを発表した。

今年6月27日に東京・恵比寿LIQUIDROOMで行った“DIV 2nd Album 「SECRET」 release oneman tour「Dawn of the Secret night」”のファイナル公演にて、秋のニューシングルリリースとO-EASTでのワンマンライヴを発表していた彼ら。予告どおり10月28日にシングル「イケナイKISS」をリリースし、いよいよこの日11月7日にO-EASTでのワンマン当日を迎えた。

大観衆で埋まったフロアが期待感で高まる中、開演前のステージに設置された電光掲示板のような大型LEDのスクリーンには、“時間”を表していると思われる数字が次々と映し出されていく。その時間が徐々に減っていき、最後の10秒ではオーディエンスの手拍子とカウントダウンの声が自然発生。

「0」になると会場が暗転し、スクリーンには「KISS or KILL」という今回のイベント名のロゴがゲームのオープニング画面のように表示される。これからゲームを始めるようなワクワク感が湧き上がったところでイントロが鳴り響き、「イケナイKISS」でライヴがスタートした。

ちょび(Ba.)、satoshi(Dr.)、CHISA(Vo.)、将吾(G.)の並びで4人がステージ前面に並び立つという珍しい状態で、「イケナイKISS」を演奏。立ちドラムで演奏してMVをライヴで再現するというユニークなオープニングを終えるとsatoshiが後方に下がり、2曲目の「LOVE IS DEAD」から通常のバンドスタイルとなる。

「今日はいつもと違うライヴを見せていく」とCHISAがMCで語ったように、演奏中も上部と後方のスクリーンに次々とド派手なイルミネーションが映し出されていく。さながら大型EDMのフェスを想起させる空間に、オーディエンスの興奮もどんどん高まっていった。

「milky latte」「赤裸々ララ」「東京ネクロポリス博物館」など演奏される楽曲に合わせて、様々なフリを見せる観客たち。驚くほど転調に富んだDIVの楽曲を象徴するかのごとく、その動きも本当にバラエティ豊かだ。手を振っていたかと思えば、隣と手をつないで左右に跳んだりと、息の合った動作が会場に大きな一体感をもたらしている。

「ASTERIOS」のイントロが鳴り始めると、LEDスクリーンがまたステージ上に降りてくる。イルミネーションが輝く中で、その後ろでは何とメンバー全員がギターを持ってプレイ! これもまた「いつもと違うライヴ」の特別感を増しつつ、同期と生音を融合した独自の“規格外”サウンドを聴かせるDIVならではのパフォーマンスとも言えるだろう。

CHISAの「まだまだ行けるか!?」という煽りからの「BUTTERFLY DREAMER」でヴォルテージを一気に上げ、「毒彩ギーク」では客席めがけて上からスモークが降り注ぐという演出もあり、「SECRET NIGHT」へ。大盛り上がりの中であっという間に本編が終了。もちろんフロアからはアンコールを求めるDIVコールが鳴り止まない。

それに応えて、イベント名がプリントされた黒のTシャツに着替えたメンバーが再び登場し、「ゴールデンキネマ劇場」からアンコールが始まる。ミラーボールから放たれる黄金の光に包まれて、踊るオーディエンスも喜びに満ちているようだ。「後は楽しむだけ」というMCに続き、本編さながらの8曲を披露するなどまさにライヴタイトル通り本編が「KISS」、アンコールは「KILL」といったところだろうか。

カラフルな風船が飛び交う中での「Point of view」でアンコールが終了するも鳴り止まないファンの声に、ダブルアンコールへ突入。雪の結晶が舞う美しいイルミネーションに照らされて、「STORY」を切なくドラマチックに歌い上げる。普段はあまりやらないメンバー紹介で1人1人が想いを語った後に、最後は通常のバンドセットで本日2度目の「イケナイKISS」を演奏して特別なライヴの幕を閉じた。

全ての演奏終了後にメンバーから2016年10月10日に日比谷野外大音楽堂でワンマンライヴを開催することを発表し、オーディエンスに驚きと歓喜をもたらした。また年内の12月27日には“MAVERICK DC presents BATTLE ARENA in BUDOKAN”で、日本武道館への出演も決定している彼ら。その“規格外”サウンドを武器に次々と自己最高を更新していくDIVの、今後への期待も高まらずにはいられない。

カメラマン:西槇太一
ライター:IMAI

ライブ情報
2016年10月10日(月・祝)日比谷野外大音楽堂 ワンマン開催決定

関連リンク

■DIV Official Site:http://www.div-official.com
DIV official Facebook(英語)https://www.facebook.com/DIV.en.official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP