ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CREAM、“MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL”で新曲「54321」を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年、世界7カ国10箇所で開催した「もしFES」の集大成として、最終公演“MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO”が東京体育館で開催、日本を代表するカルチャー全てが集まったお祭りにCREAMも参戦し、新曲「54321」を披露した。

今回CREAMが参加したのは、”TOKYO POP”という、日本、そして東京の音楽や、ファッションなど新しいカルチャーを発信していく企画で、DJ Lucas Valentineがプレイするなか、企画に賛同している各アーティストが、入れ替わり立ち代り、それぞれの楽曲をパフォーマンスしていくというもの。

この日はNIPPON STAGEで、DJ Lucas ValentineのDJプレイが始まり、SHOWCASEがスタート。color-code、FEMM、Una、AMIAYAと個性派ぞろいのアーティストたちが、次々とパフォーマンスをしていくなか、ついにCREAMが登場し、大歓声につつまれる。

まずは、挨拶代わりに「PARTY AFTER PARTY」でオーディエンスを沸かせ、フロアはあっという間に一体感に包まれる。そして、Unaの楽曲のあとにCREAMが登場、新曲「54321」をフルバージョンで披露した。

そして、FEMM、color-code、AMIAYAもそれぞれの楽曲を披露。ラストは、CREAMの「Shooting Star」で出演したアーティスト全員がステージに上がり、Minamiの歌唱力、Staxx Tのキレの良いRAPが冴え渡り、きっちりと”TOKYO POP”を締めた。

関連リンク

■CREAM Official Site:http://www.creamofficial.com
■CREAM Official YouTube “CREAM VISION”:http://www.youtube.com/user/CREAMVISIONJP
■CREAM Official facebook:http://www.facebook.com/creamofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP