ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八方美人な女性に共通する10の特徴と短所

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰にでも上手に立ち回ることから、八方美人と呼ばれる人がいますが、同じ八方美人と呼ばれる人の中にも、いい面だけでなく短所として捉えられている人もいます。

人から嫌われることを嫌い、誰にでも好かれようと愛嬌を振りまく女性に使われることも多いようですが、実際に八方美人な女性にはどんな特徴があるか、紹介します。

1.やたらと自分の噂に敏感

他人から嫌われることを極端に避けようとするあまり、他人の自分に対する評判を必要以上に気にしてしまうのが、八方美人な女性の特徴と言えます。

常に人の輪に中に入って行き、他人の顔色や噂話などに耳を傾け自分ではなく、他人の悪口を言っていることで安心感を得ている人もいます。

2.ニコニコ笑顔で他人に合わせる

誰に対しても笑顔で接し、ノーという言葉を出さないのも八方美人な女性の特徴の1つです。

自分の本音を言えず、他人に合わせることで疲れてしまうと感じる人もいますが、度を過ぎると自分の意思を持ってない人と判断させれてしまうこともあります。

3.決して本音では対応しない

自分の本音を話して、他人に嫌われるのを極端に恐れてしまうのも、八方美人な女性と言えます。

しかし、人との付き合いの中で自分の本音を言えないということで、ストレスがたまるだけでなく会話に矛盾が生じ、嘘つきと思われてしまうことも少なくありません。

4.本音で話せる親友がいない

本音で話ができない八方美人な女性ですが、自分の気持ちを素直に話せないため、親友と呼べるような親しい友人がいないのも特徴です。

本音で付き合えないということを、しっかりと短所として認識していない場合は、友達付き合いもストレスにしかならず、お互いに自然と距離を置くようになってしまいます。

5.自分の身を守り人の悪口を言う

誰にでも愛想がいいという特徴のある八方美人な女性ですが、陰口や他人から聞いたような話を作って悪口を言うという短所もあります。

人から嫌われたくないという気持ちから、自分のことは全面に出さずあくまでも自分はいい人という立場を崩しません。保身的な部分が見えてしまうと、人には決していい印象を与えなくなってしまいます。

6.ボロが出ると距離を置かれてしまう、危険性も…

いつも笑顔で接する八方美人な女性は、誰からも好かれる人気者です。

しかし、つい八方美人であることがわかってしまうと、本音を言わないということで信用されなくなってしまという短所のおかげで、人との付き合いにも距離を置かれてしまう場合があります。

7.ピンチに助けてくれる人がいない

信頼できる友人がたくさんいる人は、困った時にはお互いさまと様々な手助けをしてくれる友人がいるはずです。

しかし友人同士でも、お互いの人間関係が希薄な八方美人な女性の場合、自分が困った時に本気で助けてくれる人が少ないという短所もあります。

8.行き過ぎると、他人を信用できなくなることも

八方美人な状態も度を過ぎると、他人に会話に合わせるために嘘をつくようになってしまいます。

人に嫌われるのが怖いために話を合わせ八方美人な女性ですが、自分が嘘をついていることで、他人も嘘をついているのではと疑心暗鬼になってしまい、人を信用できなくなってしまいます。

9.本当はやめたいけど、やめられない

八方美人な女性の本音としては、もっと自分に素直にいきたいと願っています。

しっかりと自分の短所を捉えている人も少なくないのですが、急に周りの人への対応を変えてしまい、嫌われてしまうのではと不安になっています。

短所が目立つ八方美人な女性ですが、実はそんな自分自身が一番きらいという人も多いです。

10.本当の自分すら見失う

自分の意見を持たず、常に他人の意見に流される八方美人な女性は、いつの間にか自分の本音はなんなのか見失うこともあります。

優柔不断で、自分自身に自信が持てないというのも八方美人の特徴ですが、自分の人生としっかり向き合い自分の意思を持つ事も大切です。

いかがでしたか?いつも周りの人に人気があるように見える人も、実は八方美人なだけかもしれません。

長所だけでなく短所も多い八方美人な女性の特徴を紹介しましたが、実際に自分自身や自分の周りに当てはまる人がいるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

ブレない女性が実践している「4つの習慣」。弱点よりも強みにフォーカス!
「遊びの恋愛」を知らせる5つのサイン
かまってちゃんに共通する3つの心理と対処法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP