ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入居者の生活リズムや個性を尊重する新しい介護スタイルとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待機者50万人以上という厳しい現実のある特別養護老人ホームだが、どんな取り組みを行っているのだろうか。宮城県仙台市にある介護老人福祉施設「田子のまち」の例を紹介しよう。

 入居者の生活リズムや個性を尊重する新しい介護スタイル「ユニットケア」は、“まるで家に住んでいるよう”な気持ちにしてくれる。施設長の丸田礼子さん(以下、「」内同)が言う。

「老人ホームに来る理由はひとつ、“家で暮らせなくなったから”だと思います。本当は家にいたいけど、なんらかの事情で、ここを新しい家として選択された。ですから、ここはそれまでの生活をできるだけ継続して、自分が自分らしくいられる場所でないといけないと考えました。

 全室個室で、10人を1つの家族(ユニット)として生活していただきます。ユニットごとにお風呂や洗濯機など共用スペースがあり、それぞれの個室にはトイレ、洗面台、ベッドが完備されていますが、自宅で使用していた家具や趣味のものを持ってきて、自分の部屋として使ってもらうことが可能です。食事やお風呂の時間は決まっておらず、好きな時にご飯を食べ、入浴できます」

 希望すれば個室で食事をとることもできるなど、生活スタイルはかなり自由だ。また、地域とのかかわりも大切にしている。

「ここは地域の中の1つの“家”なので、地域の人がどんどん入ってこられるような施設にしようと、地域の人も自由に使えるレストランを施設内に作りました。今後は施設内で地域のかたの敬老会を開いたり、スペースを開放することも考えています」

※女性セブン2015年11月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ホテルのように豪華で設備が充実している高齢者施設が増加中
特養老人ホーム入所への待機期間は平均1年3か月、最長11年
食・住に困窮する下流老人を取り上げ貧困について考察する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。