ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドタキャンする人に共通する10の特徴と心理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドタキャンする人って本当に迷惑!こちらは待っているのに、いつまで経っても待ち合わせに来なかったり、挙げ句の果てにキャンセルなんて……。

でも、ドタキャンする人にはそれが全然わかっていない模様です。一体何を考えているのやら……と思っている人も少なくないことでしょう。彼らはどうしてドタキャンをするのか?その心理と特徴を紐解いてみましょう。

1.面倒だという気持ちになる

ドタキャンするとき、その心理の最初にあるのは「面倒だ」という気持ちです。

行くのが面倒になってしまうケースが一番多いようです。

2.イベントや相手に魅力を感じられない

その日のイベント、あるいは相手が、自分にとって魅力的ではないとき、ドタキャンにつながりやすくなります。

約束したときは、いいかなと思っていても、当日「思ったより興味がない」となるとドタキャンに。

相手が恋人であるという時は、関係を見直したほうが良いかもしれません。

3.基本的に気分屋さん

ドタキャンする人は、「やる気がなくなったら行かないほうがいい」という倫理観の持ち主です。

気分に行動を流されやすい気分屋なのです。

4.自己中心的な傾向がある

ドタキャンする人の心理として、「自分がこう思うから」ということを重視しすぎる傾向があります。

自分が行きたくないから、行かない。今日は気分がのらないからパス!というのが、ドタキャンする人の心理です。

5.相手の心理に配慮することが苦手

自分の気持ちを重視しすぎる一方で、相手の心理に配慮をするのはとても苦手です。

自分がドタキャンをすることによって、相手がどう思うかということについては論外なのです。

6.先回りして想像力することも苦手

相手の心理への配慮が苦手なのと同様、ドタキャンする人は、先回りして想像することが苦手な傾向にあります。

自分がドタキャンしたことにより、相手がどのように感じ、相手の今日一日がどのような気持ちになるか想像することが苦手です。

また同じように、自分に対する相手の気持ちがどのように変化し、自分と相手の関係が今後変化してしまう可能性があることも想像することが苦手なのです。

7.ドタキャンする人は楽天的

ドタキャンする人には、想像力が欠けているというだけではなく、今日目の前のものをドタキャンしても、なんとかなる!という楽天思考が身についていることが多いです。

なんとかなるさ!という心理は、今までドタキャンで、本当に痛い目をみたことがない人によく見られます。

8.自宅で出来る趣味がある

ドタキャンする人は、自宅に興味のある何かを持っていることもよくあります。

例えば、ゲームで、友達や恋人と約束をしていても、今やっているゲームが面白すぎてそちらに行く気がなくなってしまう……ということが多いようです。

9.日常生活がルーズ

ドタキャンする人の特徴のひとつとして、日常的にルーズといったことが挙げられます。

部屋が散らかっていたり、時間にルーズでいつも待ち合わせに遅れたりしている人は危険信号です。

10.過剰にマイペース

ドタキャンをする人というのは、非常にマイペースなのです。

それも、ただのマイペースではなく、過剰なマイペースで、時に他人に悪影響を及ぼしてしまうこともありますが、自分自身ではそのことに気付いていません。

時にはマイペースであることに誇りを持っていることもあるようです。

ドタキャンする人の心理が少しお分かり頂けたでしょうか。ドタキャンする人は、相手のことを、自分で思っているよりも軽視していることも・・・。

相手が友人や恋人であっても、ドタキャンを繰り返す人との関係は、客観的によく考え直してみましょう。またよくドタキャンしてしまいがちな人はこの機会に自らの行動を見直してはいかがでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

虚栄心が強い人の心理と対処法
八つ当たりする人の心理と5つの特徴
「子供に好かれる人」と「子供に嫌われる人」の7つの違い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP