ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青学・原監督の大口に憤り 東洋&駒澤「青学包囲網」が結成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月1日に行なわれた全日本大学駅伝で、大学駅伝三冠(同一年度に出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝をすべて制覇すること)を狙った青山学院大が優勝を逃した。27秒差の2位で襷を受けた青学大のアンカーは「三代目・山の神」こと神野大地(4年)。大逆転が期待されたものの、逆に優勝した東洋大に1分4秒差に引き離される惨敗だった(神野は区間8位)。

 優勝した東洋大は、これまで箱根駅伝を4度制していたが、全日本は初優勝。酒井俊幸監督(39)は「強い青学大に勝つには100%以上の力を出し切るしかなかった」と涙で選手たちを称えた。この涙には優勝した喜びとともに、「盟友」と誓った約束を果たした充実感も込められていた──。

 その盟友とは5連覇を懸けて全日本に臨み、3位に終わった駒澤大・大八木弘明監督(57)だ。歳こそ離れているが、ともに駅伝が盛んな福島出身。酒井監督は同郷の大先輩である大八木監督について常々、“憧れの指導者”と公言してきた。大八木監督も若いながらも着実に結果を残す酒井監督を認め、親交を深めているという。
 
「情報交換のために頻繁に会っていると聞きます。駒澤大から近い三軒茶屋の大八木監督行きつけの居酒屋で、飲みながら駅伝論を熱く語り合い、興奮してくると福島弁バリバリになるそうです(笑い)」(スポーツ紙記者)

 そんな2人の酒席で“苦い肴”となっていたのが「青学大」だった。

「2人とも青学の強さは認めつつも、“絶対に勝たせたくない”と言い合っている。2人の話題はいつも“どうやったら青学に勝てるか?”みたいです」(同前)

 酒井監督と大八木監督は、全日本直前の10月22日にトークイベントを行なったのだが、そこでも「打倒・青学大」という言葉が繰り返されていたという。

 箱根駅伝優勝6度の駒大、そして4度の東洋大。名門2校の監督が、今年初優勝したばかりの青学大を敵視する理由は青学大を率いる原晋監督(48)にあった。

「箱根優勝以降の原監督のビッグマウスに憤りを覚えているんです。他大学の存在を無視するかのように“今年のメンバーは青学史上ではなく、学生駅伝史上最強の集団”などと豪語。それが2人をはじめ、他の監督たちの耳にも入っていて、“青学だけには負けない”と一致団結している」(前出・スポーツ紙記者)

 箱根駅伝とは無縁、就職した会社の陸上部では怪我の影響でクビになるなど陸上界では日陰を歩んできた原監督が、サラリーマンを経験した後に青学大という弱小校の監督に就任し、箱根駅伝優勝まで導いたサクセスストーリーは多くの人々の関心を呼んだ。一躍時の人となった原監督はテレビや講演会に引っ張りだこになり、出版した自叙伝も話題になった。

「大学陸上界でバラエティー班は私だけでしょう。それを強みと思っています」
「選手は男前しか獲らない」

 営業マンの経歴を活かしたメディア受けする発言や、従来の常識にとらわれない行動も注目を集めた。

「バレンタインデーには学内で『バレンタイン駅伝』を開催しました。100人近いファンを集め、選手と触れ合う機会を設けるなど、原監督は話題を提供し続けた」(同前)

 他にも、イケメンと評判の選手の握手会を開催したりするなど、バラエティ路線には異論も出ている。そんなムードの中で幕を開けた大学駅伝シーズンの緒戦、出雲駅伝(10月)は青学が優勝。そこでの原監督のコメントが火に油を注ぐ。

「負けたら末代までの恥という覚悟で臨みました」
「(出場選手を)選ぶのが大変だった。2チーム出させてほしい。1、2位を取れた」

 この発言には酒井・大八木両監督も我慢ならなかったようだ。陸上専門誌のライターが明かす。

「2人とも“他大学で頑張っている選手たちをバカにしている”と怒り心頭でした。特に酒井監督は“青学大に隙がないわけではない。簡単に勝たせたくはない”と公の場で口にするほど悔しがっていた」

 さらに全日本直前には、報道陣の囲み取材に応じた原監督がこんな発言をしていたという。

「原監督は“これは書いちゃダメだよ”と前置きして“素人の僕が三冠取っちゃったら、どうなんだろ。他の監督はどんな指導をしてるんでしょうね?”と、大勢の記者の前で言ったんです。記事にはなりませんでしたが、他の監督たちの耳には入っているはずです」(同前)

 こうして迎えた全日本では前述の通り、東洋大が優勝、駒澤大は3位だった。その駒澤大の大八木監督の表情は何とも妙だった。

「5連覇を逃した大八木監督は悔しがっていると思っていたんですが、結構ニコニコしていて“(酒井監督と)どっちかがやってやろうと話していた。良くやった!”と東洋大を称えたんです。それほど青学には優勝させたくなかったんだと感じました。

 大八木監督は3大学生駅伝を何度も優勝していますが、まだ三冠だけは達成していない。ポッと出の原監督に簡単に達成させるわけにはいかないと思っていたのでしょう」(同前)

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
駅伝 東洋大・柏原を他大監督「怪物。大学生のレベル超越」
東海大駅伝部監督 箱根の順位は1駒沢2東洋3早稲田と予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。