ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子能収がスクリーンでも大暴走? 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』がまさかの映画化決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』と言えば、計画的な太川陽介と自由すぎる蛭子能収のコンビによるテレビ東京の看板番組である。伊集院光も自身のラジオ番組でたびたび話題にするこの人気旅バラエティ番組がまさかの映画化。2016年春、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』として全国公開されることが決定した。

映画ではマドンナに三船美佳を迎え、路線バスで台湾を旅する初の海外ロケを敢行。しかし、撮影時には折しも台風21号が台湾を直撃(!)し、バスは全線運行停止。言葉の壁や台風と戦いながら、世界一ゆるくてガチな旅はどのようなゴールを迎えるのか。

番組史上最大の危機に見舞われながらも、当然ながら旅のルール3箇条は健在だ。

<旅のルール3箇条>
移動は原則としてローカル路線バスのみを使用可能で、3泊4日で指定の目的地にゴールすること。旅はすべてガチンコである。
1.高速、タクシー、鉄道、飛行機、船、自転車、ヒッチハイクなど、他の交通機関の利用は禁止
2.情報収集でインターネットを利用することは禁止
3.ルートを決め、宿泊する宿、撮影交渉など、すべて自分たちで行う

初の海外ロケについて太川は、「いくら通訳の人が間に入っても時間かかかり細部までは情報を得られない、まどろっこしさ。地図も日本の道路地図のように細かくバス停など載っていない大まかな地図……」と、日本との違いに困惑しきりだった模様。

一方の蛭子は、「台湾のバスと日本のバスの違いはバスの後ろに全面広告があり、後ろを見ても景色が見えません。これは運転手にとってかなりきついはずです」と、“台湾のバスあるある”をコメントで寄せている。注目ポイントそこなの!?

今回は映画の迫力を最大限に活かすために全編4Kで撮影。台湾の名所旧跡の魅力を彼らと旅しているかの臨場感が味わえる作りになっているそうで、もしかしたら、台湾旅行を考えている人にも嬉しい情報が満載かもしれない。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』公式サイト:
rosenbus-movie.com

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP