ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かにぱんアレンジレシピ! 大人だって、大人だって「かにぱん」が大好きなんじゃい!!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“子供たちの大好きな味”

“楽しみながら食べられるカットパン”

このキャッチコピーでおなじみの定番商品といえば?

はい、せーの……

「か〜に〜ぱ〜ん!」

はい、正解♪

間違った人は三立製菓の商品ページで勉強してね。

ちなみに中身はコレ↓

うーん、あらためて見ると、結構リアルだね(笑)。

思ってたのより斜め上をいってたな〜。

ちなみに、筆者は大人になるまで「かにぱん」には“カニ”が入っていると信じてたよ。メーカーの人に聞いたら、そんな問い合わせは「あんまりない」ってさ。でも、やっぱり少しはいるってことだよね? ねっ??

さて、今回はこの「かにぱん」を大人も負けずに楽しんで食べてみよう♪っつことで、いろいろとアレンジメニューを考えてみたゾ。

<用意するもの> 「かにぱん」1袋(2個) 牛肩ロース トマト レタス 調味料(ブラックペッパー、マスタード、ステーキソースなど)

賢明な“メシ通”読者諸君なら何ができるか、もうわかるよね?

そう、「アメリかにぱんステーキバーガー」でーす!

見ての通り、食べ応えは満点!!

でも、ちょっと噛み切るのが難しいので、肉に切れ目を入れておいた方がよかったかなーと少し後悔……。あと肉汁がすごいので、すぐに食べないと下段の「かにぱん」がひたひたになるゾ。

お次は、きのことハンバーグを炒めて……

「かにぱんバーガー」(オールドスタイル)。

チーズをはさんできのこを添えるだけで、何となく立派な感じに♪

「かにぱん」の甘みとチーズ&ハンバーグの味で十分おいしかったけど、ソースをいろいろとアレンジしてみるのもいいかも。

続いてのアレンジメニューは、さらにガッツリ「かにぱん」を食べたいという人にオススメ!

<用意するもの> 「かにぱん」2袋(4個) じゃがいも 玉ねぎ ウインナー デミグラスソース 牛乳 調味料(塩、コショー、ブイヨンなど)

どうやら煮込みます(笑)。

具材はテキトーで、お肉とか人参とかきのことか、好きなものを好きなだけ入れましょう。

寸分狂わず想像通り(笑)。

どんぶりの中に「かにぱん」を敷き詰めて…

煮込んだものを入れちゃいます。

「かにぱんポットシチュー デミグラスソース味」のでき上がり♪

ちなみに蓋も「かにぱん」を使えば完璧だ。

〈お料理編〉の最後はシンプルにこれだけ。

<用意するもの> 「かにぱん」1袋(2個) カニ味噌 バター 調味料(塩、コショーなど)

バターをこねます。

先に常温で数時間おいておくと楽チンだ。

カニ味噌を投入!

混ぜるとこんな感じに(微妙〜)。

塩とコショーで味を整えよう。

「かにぱん」のおしりに切れ目を入れて…

さっき作ったタネを入れたら、

かにぱん カニ味噌 バター風味」という、よくわからない悪ふざけメニューができました(笑)。

まぁハッキリ言って、これは好みの別れるところかな。。。

“子供が大好き”な「かにぱん」なのに、ついついお酒が飲みたくなります。

最後に〈スイーツ編〉3連発!!!

※ここからは作業工程を割愛します

「かにあんぱん」!

「かにぱん白玉小豆」!!

(まさかのアンコかぶせ・笑)

「かにパンケーキ デ●ーズ風」!!!

…って結局、子供がよろこんどるやないかーい。

おあとがよろしいようで。

商品情報

「かにぱん」

製造販売:三立製菓 株式会社
希望小売価格:1袋100円(税込)

1959年に同社から発売された型抜きパン「サンリツパン」が大ヒット。その後、子供たちに人気の動物(ウサギ、パンダ、タコなど)やスポーツ(ボーリングのピン、野球のグローブなど)をモチーフにしたパンを多数発売。そのなかの1つとして、1974年に「かにぱん」が商品化された。過去にはカスタード味やヨーグルト風味の「ミニかにぱん」も販売。現在は「ミニかにぱん」と「ミニかにぱんチョコ」がシリーズ商品として販売中だ。

書いた人:松本京也

我何者でも無し。いま人生の岐路に立つ。ただ「食」を愛し貪る者なり。

関連記事リンク(外部サイト)

【職人 vs ド素人】イカの塩辛を自宅で作ってみた対決!
今すぐ売り場へGO! 爆誕パクチードレッシングは、何にかけるとおいしいのか
【パリッコ】安さ&ボリュームに驚きの連続! 方南町の名物酒場『一心太助』の「茶づけラーメン」とは!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP