体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都で旅行するなら、夜は京都らしいバー「京都坊主BAR」で乾杯!

f:id:mesitsu_la:20151013135630j:plain

秋の行楽シーズン真っ只中! こんにちは、京都在住のライター・川上です。

京都は秋になると街中が観光客でいっぱいになるんですよね……。電車やバスが混んで大変! だけど、京都の秋はやっぱり最高なので、「そりゃみんな京都に来て日本の秋を感じたいよね~」と寛大な心で受け入れることにしています。

ちなみに写真は去年行った善峯寺の紅葉。きれいですね~。

旅行に来たら、「深夜までお酒を飲んじゃお~」ってなりますよね?

でも、旅先の知らない土地でバーに入るのは緊張する……。

わかります、その気持ち。って、私バー初心者なんですけどね!

今回はお酒好きなメシ通読者の皆さんに、京都に住んでいる知り合いからおすすめのバーを聞いてきたので、人生初のバー体験と合わせて、お店をご紹介したいと思います!

坊主BARって一体なんだ……!?

f:id:mesitsu_la:20151013135631j:plain

最寄り駅は阪急烏丸駅。繁華街が近い終点・阪急河原町駅のひとつ前の駅です。

地下の改札から24番出口を出て、目の前にある大きな通り「烏丸通り」を右に真っ直ぐ進んで……

f:id:mesitsu_la:20151013135632j:plain

7分ほど歩くと「油小路通り」の看板が見えるので、床屋さんの角を右に曲がります。

f:id:mesitsu_la:20151013135633j:plain

油小路通りをまっすぐ進みます。

f:id:mesitsu_la:20151013135634j:plain

3分ほど歩くと、右手にこんな建物が。よく見ると、「箕面地ビールあります」の文字! 一見バーには見えませんが、ここみたいです。

ん?

f:id:mesitsu_la:20151013135635j:plain

!?

看板には「京都 坊主BAR」と書かれています。坊主BARって、一体なんだ……!? 全く想像がつきませんが、京都人がおすすめするのできっと素敵なバーのはず!

さっそく中に入ってみましょう。

f:id:mesitsu_la:20151013135636j:plain

わぁ、すごい数のお酒!

カウンターの中にいるのは……ひょっとしてお坊さんですか?

オーナー・羽田さん「はい。浄土真宗本願寺派の僧侶です」

坊主BARって、本当にお坊さんが営業しているバーなんですね!

羽田さん「そうです。全国に4店舗あり、ここ京都店は4号店となります。それぞれの店舗が独立して経営しているので、店のテイストが全く異なるんですよ」

f:id:mesitsu_la:20151013135637j:plain

へぇ~! 面白い! 京都店にはどんな特徴があるんですか?

羽田さん「京都店はあえて“仏教色”を消しているんです。他店は大きな仏壇が置いていたりと、店に入ってすぐに坊主BARとわかるようなつくりなのですが、ここは他宗の人も気軽にお越しいただけるよう、あくまで“バーとして”落ち着いた空間づくりを大切にしています」

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。