ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きゃりー、金爆、SIDら出演、日本文化を発信するイベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」閉幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッション、音楽、アニメ、フードなどの多彩なコンテンツが集結した「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO(通称:もしフェス)」が11月6日から8日の日程で、東京体育館にて開催された。3日間でのべ25,500人が来場し、ジャンルを超えた総勢162組の出演者たちが、世界へ向けて日本のポップカルチャーを発信した。

2015年にロンドン、パリ、バンコク、サンフランシスコなど世界8都市を巡回して、いよいよ東京に凱旋した、もしフェス。日ごとに異なるコンセプトを掲げ、来場者を迎えた。

初日の11月6日は、「MOSHI ANI」がテーマ。祭りをイメージした和太鼓、笛拍子で幕を開けると、八王子P、春奈るな、やなぎなぎ、May’nなどが個性豊かなサウンドを表現。新ユニットlivetune+が登場したほか、世界コスプレサミットなど、アニメやVOCALOIDにまつわるステージが繰り広げられた。トリをつとめたのは、SID。新曲『漂流』を含む、切なく疾走感のある旋律を響かせ、会場を独自の色に染めた。

2日目の11月7日は「MOSHI POP」と題し、ライブのほか、ファッションショーやヘアアレンジショー、オーディションを展開。武智志穂、田中里奈、青柳文子、柴田紗希、村田倫子など、人気モデルたちがスポットライトの中ランウェイを歩き、でんぱ組.inc、Silent Sirenをはじめとした豪華なアーティストたちがきらびやかに躍動、ステージに次々と華を咲かせる。三戸なつめの歌に続き、ラストはゴールデンボンバーが登場。日本刀を振りかざし、歌舞伎を模した演出を行うなど、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。

最終日、11月8日は「MOSHI COOL」をテーマに、海外でも評価の高い日本のクラブミュージック界を代表するスターたちが競演した。Kireekが日本舞踊とのコラボでスタート。banvoxは透明感のある音色とVJの映像美で、ホール全体をEDMのダンサブルなノリに変貌させた。海外での人気が高いWORLD ORDERは、規律正しいダンスでオーディエンスを魅了。m-floはCrystal KayとMINAMI(CREAM)をフィーチャーし、満員になったホールの熱量を一気に上げ、CAPSULEへとバトンを渡す。ステージから放たれる音と光は心地よいシャワーとなり、きらめく中田ヤスタカワールドに人々は酔いしれた。そして大トリを飾ったのは、きゃりーぱみゅぱみゅ! カラフルな映像と虹色の光線に彩られたステージでヒットチューン7曲を熱唱し、3日間の祭りをフィナーレに導いた。

一方、「NIPPON STAGE」は、ジャパン・カルチャーの異なる側面を凝縮。初日の吉田凛音やわーすたをはじめ、2日目のアップアップガールズ(仮)やCheeky Parade、愛乙女★DOLLなど、人気アイドルたちが笑顔でキレのある歌とダンスを披露。最終日は、「TOKYO POP」と銘打ったショーケースで、CREAMやAMIAYAなど6組が登場。Charisma.comや水曜日のカンパネラなど旬のアーティストたちが舞台に現れると、場内のボルテージは最高潮に達した。

2つのステージのほか、入場無料の屋外エリアでは、ヨーヨーすくいや射的を楽しめる縁日や着物体験、書道体験などのほか、肉フェスや、日本コナモン協会などのフードエリアが開設。エントランス近くの「MATSURI STAGE」ではDJ、ダンス、ニコニコ生放送の実況など様々な催しが行われ、来場者を出迎えた。

入場口とメインホールには、日本ならではの巨大な提灯櫓が組まれ、祭りのムードを盛り上げた。国内の伝統的な文化と、新しいポップカルチャーの融合がもしフェスのもう1つのテーマでもある。場内には、ヘアアレンジやカラオケ無料体験、モデル私物マーケットなどのブースが展開、コスプレやモデルとの交流も楽しめるなど、参加型の企画が盛りだくさんだった。

2日目からは小雨がぱらつく中、海外からも予想を超えた人数の外国人が訪れ、ブース体験や記念撮影を行っている姿が印象的だった。出演者も扇子や着物をモチーフとした衣装や、和楽器を用いたアレンジなど、本イベントでしか見られない演出で彩りを加えた。日本から生まれた文化をワールドワイドな舞台へ。KAWAII、クール、そしてポップで多面的な魅力が国境を越えて伝播する。未来に向かって、これからもその挑戦は続いていく。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP