ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やりたいことはやる。浅田真央さんの後悔しない生き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィギュアスケーター選手として、世界を舞台にして戦う浅田真央さん。成果を期待される日々でそのプレッシャーは計り知れません。
去年から休養に入り、最近ついに大会への復帰を遂げた浅田選手。再び氷上の戦いへと彼女を導いたものは何だったのでしょうか?
彼女の行動やコメントを紐解いていくと、どうやら「後悔しない生き方」がキーポイントとなっているようです。

過去は気にしない

アスリートというものは常に評価を受け、成果を求められるもの。
バッシングを受けると精神的な負担も大きそうですが、浅田選手は周りの評価を気にせずブレない心を持っています。
以前、浅田選手のソチ五輪でのミスに対して、森元総理大臣が「大事なときには必ず転ぶ」と発言したことがありました。それに対する浅田選手のコメントは「もう終わったことなので何とも終わっていないですけど。聞いたときは『あぁ、そうなんだ』と思いました。」というものでした。
終わったことは後悔せず、すぐに気持ちを切り替えて前に進むことが、周りに影響されず自分のペースを保つ力になっているようです。

やりたいときにやった方がいい

復帰会見では「自然と試合が恋しくなった」とコメントした浅田選手。その背景には「後悔したくない」という気持ちがあったようです。
復帰前、浅田選手は尊敬しているスケートの先輩、伊藤みどりさんと対談していました。そのときに「自分がやりたいと思ってもできないときがある。やりたいと思ったらやった方がいい」と背中を押されたことを語っています。
チャンスが目の前にあるにも関わらず、掴むことをあきらめてしまったら、きっと後悔をしてしまうことでしょう。そして、後悔を続けてしまう人生はとても辛く、自分を責めてしまうはず。
そんな人生にしないためにも、浅田選手はやらないで後悔するより、やって後悔することを選んだのです。

自分と向き合うことで生まれるブレない心

自分をしっかり持っている印象を受ける浅田選手ですが、大事な試合でミスしたときはやっぱり落ち込むそうです。でも翌日にはすぐに練習をして、自分と向き合うのだとか。反省すべきところはしてから、次のステージに向かって気持ちを切り替えているのです。
その根底には「もっと上手くなりたい。上を目指したいという向上心があるのだと思います。
彼女が持つ決断力、周りに影響されない強さ、向上心は、どれも自分の心に正直に生きることで貫けるのではないでしょうか。
何かを決断しなければならないとき、気持ちを強く持ちたいときは自分と向き合い「本当にやりたいこと」に気づけたら、もうすでに一歩前進。
私も浅田選手のように前をみてチャレンジし、後悔しない生き方をしていきたいと思いました。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
少しはドキドキして! 脈ナシ男性に自分を意識させる方法
その上から目線なアドバイス、総スカンくらうわよ #オネエ調べ
急にヒンヤリ……そんなときは心まであったかくなる「ぽかぽか」のお裾分け

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP