ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マウスとキーボードはもう古い!?指を動かして、正確なジェスチャー操作が可能な「Gest」に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Gestマウスとキーボードを使って、コンピューターを操作する時代が長く続いているが、それが今後、「Gest」のようなツールで変わっていくかもしれない。

・手の動きでジェスチャーコントロール

Apotact Labが手がけている「Gest」は、ジェスチャーでコントロールするデバイス。

グローブのような形状をしており、ストラップを使って、親指以外の4つの指に装着する。やわらかく、フレキシブルなストラップのおかげで、どんな人の指にもフィットするようになっている。

・15のセンサーが正確にモーションをキャッチ

加速度計、ジャイロスコープ、磁力計などの組み合わせで機能する、全部で15の異なるセンサーを片手ごとに搭載。

これが指のモーションを正確にキャッチし、精密なコントロールを可能にしている。

微細な指の動きを感知する独自のソフトウェアが、ユーザーの手の動きをモニター。時間とともにそれらのパターンを学習し、“ユーザー固有のモデル”を確立。さらに正確なジェスチャーコントロールが完成されていくという。

ジェスチャーコントロールツールは他にもいくつか登場しており、筋肉の動きを検知する「Myo armband」や、カメラや赤外線を使って指の動作で操作する「Leap Motion」などもあるが、動きの精度において、「Gest」は特に突出しているため、アーティストやデザイナーのような専門職向けともいえる。

・Photoshopと連動も

Gest2チームでは、「Adobe Photoshop」向けのアプリケーションを開発しており、“指先を動かすと、アプリを切り替え”“スクリーンを指差すと、マウスカーソルが移動”“手首をひねると、カラースライダーを調整”“3Dオブジェクトをつかんで、回転させる”といったようなアクションが可能になる。

「Gest」はBluetoothでスマートフォンやタブレット、PCと接続し、LEDライトが通信中ステータスを示す。また、マイクロUSBでデバイスの再充電が可能だ。

・Kickstarterで出資受付中

現在、クラウドファンディングKickstarterで出資受付中の「Gest」。公開されているSDKを活用すれば、このデバイスを使って、いろいろなアプリケーションを構築することができそうだ。

Gest

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。