ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Motus」があれば、楽器が演奏できなくても大丈夫!あなたのモーションで音楽を奏でよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽器が演奏できないと、音楽は奏でられない……そんな時代は終わったようだ。

・ユーザーのモーションをそのまま音楽に!

リトアニアのMindaugas Badokas氏らのチームTZM Creative Labが開発している「Motus」は、ユーザーのモーションを感知し、それをギター、ドラム、ピアノ、バイオリンまで、さまざまな音に変換するユニークなツール。

まさに“踊るようにして音楽を奏でる”というもので、このときユーザーは、ダンサーであり作曲家であり演奏家でもあるというわけだ。

「Motus」のソフトウェアが、ユーザーのモーションをモニターし、データを解析して、さまざまな制御をおこなう。

デバイスの回転や加速、にぎったりひねったりといった動作を検知し、“特定の音を鳴らす”“エフェクトを発動する”といった指定のアクションを実行する。

Ableton LiveやMaxなどのシステムを使って、デジタルオーディオワークステーションとして機能させることができ、音の微調整や細かいコントロールをおこなえる。MIDI、OSCやReWireにも対応しているという。

・3つのバージョンを用意

「Motus」には、「Classic」「Pro」「Hacker」の3つのバージョンがある。

1番スタンダードな「Classic」は、Windows、OS X、iOSで動作し、加速度計、ジャイロスコープの2つのセンサーを搭載。手のひらサイズの42x36x15ミリメートルのコントローラーは、リチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、およそ48時間の連続使用が可能。電子部品はプラスチックでコーティングされている。

「Pro」はパフォーマンス向けの仕様になっていて、コーティングは強化プラスチックで、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、高度計の4つのセンサーを搭載。さらに、30メートルの距離までを網羅する、2.4 GHzのワイヤレスレンジレシーバーを搭載していて、同時に最大12の「Motus」デバイスと同期することができる。

「Hacker」は、DIYや機械好きなマニア向けの仕様。骨組のキットを基盤として、手作りでさまざまに自分好みにアレンジできるのが特徴だ。コーティングカラーのほか、追加のセンサーを付けて機能拡張を施したりも自由自在。

・現在、出資を受付中。音源の追加も視野に

チームでは将来的に、現在実装している音源以外にも、いろいろな音源をダウンロードできるようにしたい意向だという。

現在、「Motus」はクラウドファンディングサイトで投資金を集めており、2016年4月に提供開始を予定している。

Motus

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP