ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~彼を二軒目のお店に連れ出す一言~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性から男性を誘うというのは、難易度が高いことだと思います。アプローチしたいけど、失敗するのが怖い…そんな女性のための言葉を使ったテクニックがあるのです。そこで、気になる男性を二軒目のお店に連れ出し、ふたりきりになれるフレーズ、『ちょっと飲み足りないかも』を紹介したいと思います。

男性の迷いを払拭するフレーズ

飲み会で気になる男性がいた時、「ふたりきりで飲みたい」と思ったりするでしょう。でも、その思いを口にするのはなかなか難しいもの。

自分から露骨にアプローチしているようで恥ずかしいですし、“軽い女”だと思われてしまうのではないかと、不安になってしまうこともあるでしょう。

そんな時に使えるのが、この『ちょっと飲み足りないかも』というフレーズです。気になる男性の前でボソッと言うことで、ふたりで二軒目のお店に行くことができる確率を高くしてくれるフレーズなのです。

男性は女性を誘い出すことにとまどう生き物

終電間際。男性も女性もここは腹の探り合いの時間となります。「次に誘いたいけれど断られないか」、「終電で帰ってしまうのだろうか」。男性の心は迷いでいっぱいです。男性は自尊心が強く、ナイーブで傷つきやすい一面もあるので、ある程度の確証がない限り、女性を誘い出す勇気が持てないのです。

そんな時に、女性から『ちょっと飲み足りないかも』というフレーズを言って、手を差し伸べてあげましょう。このフレーズで、ほんのりと“まだ一緒にいたいです”アピールができ、男性の迷いを払拭してあげることができるのです。

断られてもダメージを受けることはない

「ふたりきりで飲み直さない?」や「ふたりで他の店に抜け出さない?」というフレーズは、女性からはなかなか言いづらいものだと思います。

でも、この『ちょっと飲み足りないかも』というフレーズは、積極的なフレーズではありますが、もし断られたとしても、はっきりとは誘っておらず、また単なる独り言のようにも聞こえるので、もし二軒目の誘いに失敗したとしても、アナタがダメージを受けることは、ほとんどありません。

お酒の席で、女性の方から誘い出すと”軽い女”と見られがちです。しかし、誘っているのか、ただの独り言なのか分からないこのフレーズを使えば、いやらしい意味には捉えられにくいですし、どこか可愛い雰囲気すら醸しだすことができるので、気になる男性と出会った時はこのフレーズを使ってみることをオススメします。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP