体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生の選択肢に悩む人へ「本当にやるべき11のこと」

to_do2150812_01 ジョンキム

ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。

自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやるべきことを見つけだし、研ぎ澄ますことで、シンプルな人生の道筋をつくるのだ。

01.
あらゆる競争から
抜けだそう

to_do15081302

競争する人生は、人を苦しめる。自分の辞書の中で、競争という単語を無くすくらいの気持ちで生きよう。重要なのは、価値を作り出すことであって、競争をすることではない。そして、競争しなくても、価値を作れることはいくらでもある。

02.
スポットライトが
当たる前に水をやり続ける

人生、いつスポットライトが当たるかわからない。当たってから修行しても遅い。いつ当たってもいいように、普段から努力を積み重ねておくことだ。

03.
人と会った直後は
スタバに入れ

to_do215081304

誰かと会ったあとは、15分ルールを自分に課そう。その人と話したこと、考えたこと、感じたこと、を記録する時間として15分を使う。対話の再現で始めてもいいが、いつの間にか、対話の再現を超えた、自分のオリジナルな発想に火がついていくはずである。

04.
社会人一年目でも
経営者意識を持とう

自分が勤めている限りにおいては、自分の会社と自分を一体化させよう。自分の会社の将来を自分のことのように考え、行動する。それは経営者だけの仕事ではない。自分の命の一部を注ぐわけだから、自分のことのように会社のことを捉えるように心がけるのだ。

05.
色眼鏡をはずして、
裸眼になる勇気を持とう

to_do215081307

現実社会はほぼみんなが色眼鏡をかけて、お互いがお互いを見ている。その色眼鏡は、常識だったり、偏見だったり、する。まずは、自分が色眼鏡をかけている事実に気づくこと。次に、その色眼鏡をはずす勇気を持つこと。そして、色眼鏡をかけている相手の色眼鏡をはずせるように気づかせてあげることだ。

06.
何をするかではない
なぜするかを考えよう

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。