ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生の選択肢に悩む人へ「本当にやるべき11のこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。

自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやるべきことを見つけだし、研ぎ澄ますことで、シンプルな人生の道筋をつくるのだ。

01.
あらゆる競争から
抜けだそう

競争する人生は、人を苦しめる。自分の辞書の中で、競争という単語を無くすくらいの気持ちで生きよう。重要なのは、価値を作り出すことであって、競争をすることではない。そして、競争しなくても、価値を作れることはいくらでもある。

02.
スポットライトが
当たる前に水をやり続ける

人生、いつスポットライトが当たるかわからない。当たってから修行しても遅い。いつ当たってもいいように、普段から努力を積み重ねておくことだ。

03.
人と会った直後は
スタバに入れ

誰かと会ったあとは、15分ルールを自分に課そう。その人と話したこと、考えたこと、感じたこと、を記録する時間として15分を使う。対話の再現で始めてもいいが、いつの間にか、対話の再現を超えた、自分のオリジナルな発想に火がついていくはずである。

04.
社会人一年目でも
経営者意識を持とう

自分が勤めている限りにおいては、自分の会社と自分を一体化させよう。自分の会社の将来を自分のことのように考え、行動する。それは経営者だけの仕事ではない。自分の命の一部を注ぐわけだから、自分のことのように会社のことを捉えるように心がけるのだ。

05.
色眼鏡をはずして、
裸眼になる勇気を持とう

現実社会はほぼみんなが色眼鏡をかけて、お互いがお互いを見ている。その色眼鏡は、常識だったり、偏見だったり、する。まずは、自分が色眼鏡をかけている事実に気づくこと。次に、その色眼鏡をはずす勇気を持つこと。そして、色眼鏡をかけている相手の色眼鏡をはずせるように気づかせてあげることだ。

06.
何をするかではない
なぜするかを考えよう

なんでも一生懸命にやればいいものではない。何をするにしても、なぜそれをするのか考えなければならない。意義が見つからないものをしてはならない。

07.
知ったかぶりをしない
知らないふりをせよ

知ったかぶりをする人は損をする。新たな知識を得る機会を逃すし、知ったかぶりがバレると信頼も失う。知らないふりをするくらいがちょうどいい。知らないふりは、新たな知識を得る機会をもたらし、謙虚さからくる信頼も勝ち取ることを可能にする。

08.
普通の100冊を1回読むより、
好きな1冊を100回読もう

多読が悪いわけでは決してないが、自分の心に響く1冊を繰り返して読むことには叶わない。

09.
横に並べてあるものを
縦に並べ直そう

人生の時間は限られている。その時間は、その瞬間において、最も大切なものに注ぐべきである。そのためには、優先順位を知らなければならない。最も優先順位の高いものに、最も多く時間を使うべきである。

10.
費用対効果ではなく
心の声に従って行動せよ

何かをやるときは、思考的な費用効果分析は一番最後に回すことだ。まずは、心の声に耳を傾けること。そして、その声に従って突き進むことに躊躇しないことだ。

11.
景色を描くのではなく
景色を見て感じたものを描こう

再現するような思考や表現ではなく、あくまでも考える主体として感じる主体として、自分を真ん中においた思考や表現を心がけることだ。

関連記事リンク(外部サイト)

他人の人生をなぞらず、自分だけの人生を切り開くためにやるべき「10のこと」
未来に立ち向かおうとする人に送る「6つの言葉」
人生をドライブするために持っておきたい「8つの心得」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP