体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンボジアを旅したくなるおすすめスポット20選!!

TRIPORTライターのあやかです。
遺跡といえば思い出すのがカンボジアではないでしょうか? 歴史を感じることのできる遺跡を訪れるのは旅ならではですよね。今回はタイムスリップしたような感覚を味わえる遺跡と、カンボジアで暮らす人々の生活に触れることのできるお楽しみスポットをご紹介します。
カンボジアを旅した際には、ぜひ足を運んでみてください! 

カンボジアについて

カンボジア王国、通称カンボジアは人口1,315万人、国土は18,1万平方キロメートルで日本の約2分の1弱の大きさです。首都プノンペンは政治・経済・文化の中心地であり、カンボジア随一の大都市でもあります。一年を通して日本の夏と同じ服装で過ごすことができ、乾季である11月~5月が雨も少なく、旅行にはベストシーズンです。

カンボジア観光マップ

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cb-map-ja.png

カンボジアの魅力

世界遺産のアンコールワットをはじめとする多くの遺跡やユネスコの世界無形文化遺産にも登録されているクメールダンスにはインドシナ半島に位置するカンボジアの伝統文化が息づいています。歴史を感じながら遺跡から見る風景は格別です。

カンボジア観光名所

アンコールワット/Angkor Wat

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されているアンコール遺跡の一つであり、遺跡群でもっとも有名なヒンドゥー教建築寺院。ヒンドゥー教の神々や古代インドの英雄譚などが廊下や壁などに美しい彫刻で彫り込まれ、クメール建築の最高傑作とも言われています。

朝早起きして、AM5:00すぎアンコール・ワットに到着。
頑張って起きる価値あり!
この幻想的な光景は、さすがの世界遺産。もうすっごい感動した
出典:「カンボジア旅~キリング・フィールドと地雷博物館~」Miho Hoshino|ーcompathy

基本情報
住所:Siem Reap, Cambodia
入場時間:5:30~17:30
休日:無し
入場料:(共通券)1日有効入場券US$20、3日間有効入場券US$40、7日間有効入場券US$60

アンコールトム/Angkor Thom

アンコール遺跡の一つであり、3メートルの堀と8メートルの高さの城壁で囲まれた城砦都市遺跡。アンコールワットの北側に位置し、観音菩薩の巨大な顔が彫られた5つの城門で外部とつながっています。49もの塔がそびえるバイヨン寺院があったりと見所たっぷりです。

アンコールトムはアンコールワットのように遺跡そのものの名前ではなく街の名前なんですね。なので範囲内にいくつも遺跡があります。
出典:「シェムリアップ旅行 クチコミガイド」ーフォートラベル

基本情報
住所:Angkor,Cambodia
入場時間:5:30~17:30
休日:無し
入場料:(共通券)1日有効入場券US$20、3日間有効入場券US$40、7日間有効入場券US$60

四面仏塔

神秘的で優しい仏の表情はクメールの微笑みと呼ばれ、訪れる人々の心を魅了します。巨大な観音菩薩の像が49塔、アンコールトムを外部とつなげている南大門、西大門、北大門、勝利の門、死者の門に5塔ずつ、計54塔立っています。それぞれ表情が違うので、見比べてみるのも面白いかも!

古代カンボジア王国の巨大城砦都市遺跡のほぼ中央に位置する
バイヨン寺院には多くの観世音菩薩の四面仏塔がならび、
とても神秘的で良かったです。
出典:「シェムリアップ旅行 クチコミガイド」ーフォートラベル

基本情報
住所:Angkor,Cambodia(アンコールトム)
入場時間:5:30~17:30
休日:無し
入場料:(共通券)1日有効入場券US$20、3日間有効入場券US$40、7日間有効入場券US$60

アプサラダンス

ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されているカンボジアの古典舞踊アプサラダンス。豪華な衣装と女性らしい動きには、うっとりと見惚れること間違いなし。アンコールワット遺跡にも、美しく舞う姿のレリーフが数多く残されています。

ポル•ポト政権下で粛正を受け、伝統文化は一時的に消された時期があったが、今では見事に復活している。
ダンスは4種ほど。
写真や動画を撮るよりも、ここはじっくりと自分の眼に焼き付けるほうが、より印象に残るのではなかろうか。
出典:「カンボジア/アンコール・ワット」Hiroyuki Suzuki|compathy

(アプサラダンスショーが見学できるスポット)
基本情報
アンコールビレッジ/ Angkor Village Resort & Spa
住所:Krong Siem Reap, Cambodia
電話:+855 63 963 561
ホームページ:http://www.angkorvillagehotel.asia/jp/hotel.php

クーレン2/Koulen2Restaurant
住所:Street 02, Sivatha Rd, Krong Siem Reap, Cambodia
電話:+855 (0) 92 630 090 +855 (0) 78 630 090
営業時間:11時~14時、16時半~20時半
定休日:無し
ホームページ:http://www.koulenrestaurant.com/

オールドマーケット/Old Market

食材、日用品、観光客向けのお土産までなんでも揃うのが、シェムリアップを代表する市場オールドマーケット。カンボジア製品のシルクや民芸品もあるので大切な人へのお土産選びにはぴったり。店主たちとの値段交渉で素敵な掘り出し物を見つけましょう!

シェムリアップはあまり買い物をするところが少ないので、ここは外せないスポットかと。
値下げ交渉をして、安くしてくれたところで買う事がだんだん癖になってきて、意外と買ってしまいました。
出典:「シェムリアップ旅行 クチコミガイド」ーフォートラベル

基本情報
住所:Psar Chaa Road, Siem Reap 17252, Cambodia
電話: +855 96 536 2222
営業時間:朝7時~夜20時ごろまで(店によって営業時間が異なります)

ロリュオス遺跡群/Roluos Group

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。