ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto X(2nd Gen)用の非公式版CyanogenMod 13がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年の Motorola フラッグシップスマートフォン「Moto X(2nd Gen)」向けに、非公式版の CyanoenMod 13 がリリースされました。CyanogenMod 13 は AOSP で公開されている Android 6.0 Marshmallow のソースコードをベースに開発中のカスタム ROM で、今回の Moto X(2nd Gen)用は ROM 開発者がソースコードを独自にビルドして提供している非公式版です。現在配布されている CyanogenMod 13 のほとんどはまだ動作しない機能を多く含むものばかりの中、今回の Moto X(2nd Gen)用ではバッテリーセーバー機能が安定して動作しないこと以外、ほぼ全ての機能が動作すると言われています。現状の移植状況については、ステータスバーのカスタマイズ機能、プロファイル機能、プラウバシーガードなど一部だけで、CyanogenMod 12 の機能は完全には移植されていません。Source : XDA Developers

■関連記事
HTC One A9のroot化とS-OFFが可能に
Xperia Z5 Premium(E6853)の開封映像が公開
Chromecastの有線LAN接続を可能にするイーサネットアダプタが国内のGoogleストアで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP