ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

髪の透明感って?ヘアカラーが長持ちするミルフィーユカラーとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キレイに髪を染めるなら、ミルフィーユカラー♪

キレイに髪を染めるなら、ミルフィーユカラー♪

ミルフィーユカラーってご存知ですか?
ミルフィーユと言うと甘い感じがしますが、お菓子のミルフィーユではありませんよ。
ヘアーカラーリング技法の一つなんですけど、私が以前書いたコラムの「グレー系カラー」や、カラーミックスのホイルワークなんかも全てミルフィーユカラーでやっています。
ミルフィーユカラーとは、カラー剤を薄くミルフィーユのように重ねるので、そう呼ばれているんです。

 
髪の透明感を出してくれるミルフィーユカラーとは

髪の透明感を出してくれるミルフィーユカラーとは

ではミルフィーユにすると何が良いのか?
まず発色が綺麗です。ヘアーカラーっていうのも、昔中学校の美術の時間に習ったことがあると思いますが、色の三原色によって支配されています。だから混ぜれば混ぜるほど濁ってくるんですね。
ミルフィーユは、ヘアーカラー剤を薄く髪に塗ることで、髪にヘアーカラー剤を浸透させていきます。するとヘアーカラー剤の層ができるんです(図1)。言うなれば薄いセロファンを幾重にも巻きつけていく感じです。だから発色がクリーンで透明感が出るんですね。
余談になりますが、よく「ヘアーカラーの透明感」って言いますよね。透明感ってどこにあるか、ご存知ですか?実はこの透明感の正体は髪に反射した光なんです。それが髪と髪の間や髪の上にオーラのように見えた時に言うんです。
だからカラー剤をいっぱい混ぜれば混ぜるほど色は濁るので、透明感は出なくなるんです。逆に言えばミルフィーユカラーは透明感が出やすいカラーになるんですね。

 
キレイなカラーが長持ちできる♪

キレイなカラーが長持ちできる♪

第2にミルフィーユカラーは色持ちが良いんです。これも色を重ねて塗るということで起きる効果です。
もちろん普通のカラー剤ですから、シャンプーすれば色素は抜けていくことに変わりありません。ところが色を重ねて塗ると、さきほどの図1のようになります。もちろん取れる時は表面から取れていきます。
すると図2(褪色の図)のようになります。ところが色を混ぜた場合、カラー剤というのはシャンプーで落ちやすい色味と変色しやすい色味があります。色を混ぜるとその部分が変化していきます。
図2の左のミルフィーユカラーと右の混合カラーの場合では、ミルフィーユカラーの方は色があまり変わりませんが、混合系カラーの場合は色が青っぽく変わって見えてしまいます。
するとどう感じるか?ミルフィーユカラーは色落ちしたように見えず、混合系カラーは変色して見えてしまうんです。
なのでミルフィーユカラーは色持ちが良いように見えるんです。もちろん色持ちが良くなるのは他の理由もありますが、それはちょっと科学的になり過ぎちゃいますので、またの機会にお話しできれば…なんて思っています。
透明感があって色持ちが良いミルフィーユカラー。一度試してみませんか?

古根川一弥(SCENEcomplex)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。