ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5球団で新監督 専属評論家のイスも「10年に一度の大移動」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 監督交代の際には、大幅なコーチ陣の入れ替えが行なわれるのが常だ。例えば阪神の金本知憲新監督が就任を受諾する条件に挙げたのが、矢野燿大、片岡篤史、今岡誠各コーチを入閣させることだったといわれる。

 彼らは今年、スポーツ紙の評論家として活躍していた。専属評論家がグラウンドに戻ることでメディアには“空席”ができる。特に5球団で新監督が誕生した今オフは、そのイス取りゲームが例年以上に激しくなり、「10年に一度の大移動」(パ球団OB)といわれる。

「引退後の最もいい仕事は、もちろん指導者としてユニフォームを着ること。その次はメディアの評論家です。ユニフォームを着られなかったOBたちは、旧知の番記者やテレビ局社員などあらゆるツテを使って、必死に“営業”をかける。電話攻勢に加え、突然手紙が来ることもあるとか」(スポーツジャーナリスト)

 まず狙うのはテレビだ。

「昔は年間500万~1000万円の専属契約が普通だったが、今はそんなのほとんどない。しかし放送席に座るごとに3万~5万円ほどのギャラがもらえる。月に5回もあれば御の字です。一番人気はNHK。ブランド力が依然強く、イメージがいいから講演の仕事が舞い込みやすいとか、コーチとして声がかかりやすいといわれる」(同前)

 確かにNHK解説者からは、梨田昌孝氏が楽天の新監督になり、与田剛氏が同一軍投手コーチになった。この2つの空席を大勢が争うことになりそうだ。

「こういう時にモノをいうのが人脈。NHKは星野仙一氏の影響力が強い。いま最有力とされるのは山本昌氏です。親会社の中日グループが専属にするようですが、一方で、星野氏の後押しで与田氏の後釜に納まるとの噂も流れています。ある中日OBは“もっと星野さんに媚びを売っておけば良かった”と悔やんでいました(笑い)」(放送関係者)

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
楽天・星野仙一新監督 川上憲伸、福原忍、安藤優也に食指説
楽天・星野監督 松井稼頭央と村田修一を推定6.7億円で獲得か
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP