ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】注文はきつく男言葉で怒鳴る山崎豊子さんとの半世紀

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『山崎豊子先生の素顔』/野上孝子著/文藝春秋/1500円+税

【評者】関川夏央(作家)

 大阪・船場の老舗昆布問屋「小倉屋山本」の娘・山崎豊子は一九四四(昭和十九)年、二十歳で京都女専(現京都女子大)を卒業すると毎日新聞大阪本社に入社、五七年、三十三歳で、実家の歴史をえがいた『暖簾』を発表した。五八年、吉本興業創業者・吉本せいの人生を『花のれん』で書いて直木賞受賞、それを機に退職した。

 野上孝子が堺・浜寺公園の山崎邸で秘書候補の面接を受けたのは六二年、二十二歳であった。山崎豊子の実家は有名だが、小説は読んだことがなかった。

 人に「先生は一見、可愛らしそうやけど、きついでっせ」といわれたとおりだった。注文はきつい。怒ると「意見無きものは去れ!」と男言葉で怒鳴る。耐えかねて辞めるつもりで山崎邸を出たのに、浜寺公園駅にまで電話をかけてくる。求めに応じて引き返したとき、半世紀におよぶ野上孝子の秘書人生が始まった。

 翌年、山崎豊子が着手した長編小説は、国立大学医学部の教授選と誤診という主題、『白い巨塔』というタイトル、「財前五郎」という主人公の名前が決まると、とたんに躍動し始めた。

 ひと言でいえる主題、タイトル、主人公の名前が長編の条件であることは、たとえば「小が大を食う銀行合併」『華麗なる一族』「万俵大介」と、以後も同様であった。だが「日本のバルザック」と呼ばれ、「丸太を斧で割る」タイプであった彼女は、ときに細部に目が届かず「盗用」疑惑を三度も起こした。

『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』と戦争の傷を書きつづけた戦中派の彼女が、最後の作品で海上自衛隊を扱ったのは、「この先も戦争反対だけで通るやろうか」「戦争の犠牲者を書いて来た者として、素朴な問いかけをしてみたい」との思いからだった。

 作家生活五十七年で長編十四作、ほとんどが大ベストセラーとなった。だが山崎豊子は二〇一三年九月、八十九歳で「書きながら棺に入り」、十五作目の『約束の海』は未完に終った。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山崎豊子氏遺作は戦争しない軍隊・自衛隊を描いた未完の大作
山崎豊子さんが生前残した言葉「人の3倍も5倍も努力しなさい」
山崎豊子さん 体力落ち口述筆記になっても遺作を書き上げた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP