体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プレゼン上手な人は知っている「25の秘訣」

000054462056_Medium (1)

人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。
そうした状況に対して「憂鬱だなあ…」と思っているそこのあなた。「Inc.com」に掲載されているこの記事さえ読めば、ポジティブな気持ちで向き合えるようになるかもしれませんよ!

01.
専門の講習を探して受講!

On a meeting

大学や研修センターでは、人前で話すスキルを学ぶための講座が開講されていることがあります。参加するのは、自分と同じように人前で話すことが苦手な人たちばかり。リラックスして、彼らと一緒に自分のスキルを向上させましょう。

02.
トーストマスターズのような
集団に参加

トーストマスターズとは、スピーチのスキルを磨くことを目的とした非営利の教育団体。01.同様にいい訓練になるかもしれません。

03.
自宅での練習は必須

000032837114_Medium

必ずしも他人の前で話す練習をする必要はありません。友だちや家族など話しやすい人たちの前で話すのも手ですが、鏡の前で1人で練習したっていいのです。

04.
“充分すぎる”ほどの準備を

人前で話す恐怖を克服するためには、できるだけ準備に時間を割くように。スピーチの内容をしっかりと覚えていれば、大勢の人の前に立っても自然な気持ちでいることができるはず。

05.
“観客”の事前リサーチも
忘れない

000057649108_Medium

特定の観客に合わせたスピーチは、非常に効果的。事前に可能なかぎり多くの情報を手に入れ、それに応じたスピーチを心がけましょう。

06.
できれば会場の下見も!

広さをチェックし、観客が入っている光景をイメージして、環境に慣れておくように。

07.
パワーポイントをフル活用

Woman using laptop at indoor.close-up

プレゼンテーションに、パワーポイントは必要不可欠。効果的に使用すれば、スピーチはより素晴らしいものになるはず。

08.
とにかく経験を積む

日々の生活の中で、人前で話す経験を積むようにしましょう。どんな小さなことでも構いません。

09.
手本を見つけ、“ワザ”を盗む

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会