ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『下町ロケット』の鍵となる特許取得 初期費用は185000円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初回視聴率は16.1%。第2話は、日本シリーズや、高視聴率を記録し続ける『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が裏番組だったにもかかわらず、第1話超えの17.8%を記録した。そして第3話は18.6%‼

 小さいながらも高い技術力を持つ町工場が、大手企業に技術をパクられ、さらに特許侵害で訴えられるも、夢に真っすぐな思いをぶつけ、見事勝訴する──物語の鍵となっているのが“特許”だ。

 念のためおさらいすると、特許とは、新たな技術を開発したものに独占的な権利を与えるもの。せっかく開発した技術について特許を取っておかなければ、模倣品を排除することはできない。特許を取っておけば、一定の期間その技術を独占することができるというわけだ。

 出願したいものがある場合、特許庁のHPにあるガイダンスに従って申請すればいいが、それですぐに審査へ進むわけではない。

「出願した時に1万5000円、審査に必要な手数料が平均約16万円かかり、これを支払って初めて審査が始まります。そして平均19か月の審査を経て、特許がおりたらそこで登録手数料として約1万円(3年分)かかる。つまり特許がおりるまでにかかる初期費用は計18万5000円となります」(特許関係者)

 登録4年目以降、適宜、手数料が発生するが、その金額もケースバイケースという。

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「大証FX」取引手数料を業界最安値88円に値下げ
NISA口座キャンペーン競争激化 株式売買手数料無料化も登場
ハワイ旅行 カードでの支払いは円建てよりもドル建てが賢い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。