ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島ファン 「隙あらば野間」など緒方孝市監督の迷采配嘆く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大リーグで活躍していた黒田博樹の復帰から始まった広島東洋カープの2015年シーズンは、ファンにとっては忘れられない思い出の連続だった。とくに9月12日の阪神戦が忘れられない。延長12回に田中広輔が放った打球が三塁打と誤審され“幻のホームラン”(試合は引き分けで終了)。この試合に勝っていれば、勝率でCS進出が決まっていた。

 カープ芸人「ザ・ギース」の尾関高文氏はこう語る。

「悔やんでも悔やみきれない。頭では仕方がないとは思っているんですがね。ただ一方で、大事なところで勝ちきれなかったのは事実です」

 OBの安仁屋宗八氏も、「ここ一番で弱かったね。プレッシャーに弱いというか、得点圏で打てなかったな」と頷いていた。

 一方でファンは、就任1年目の緒方孝市監督に大きな不満を抱いている。

「12球団の愚将ランキングをやれば1位間違いなし」(30代男性)

 理由は数々の迷采配だ。代表的なのはファンの間で「隙あらば野間」といわれる、新人・野間峻祥(たかよし)の重用。どんなに失敗しても、自分の若手時代の背番号を与えた野間を“隙あらば”投入し続け、127試合に起用。野間がスタメンの時の勝率は3割2分に落ち込んだ。

「しかも監督はシーズン最終戦でCSを逃した時、大ブーイングの中挨拶もなく逃げた。“現役時代より足が速い”なんていわれました」(同前)

 来季は評価を覆せるか。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入
プロ野球改革案 CSの欠陥を改善する「3ディビジョン制度」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。