ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日韓国交正常化 「ものぐさ椎名」の浪花節なしでは果たせず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冷戦下にあった1960年代初頭、国防上の観点からも経済面からも、日韓国交正常化は急務だった。だが植民地時代の歴史認識や竹島問題など日韓両国には問題が山積み。さらには国家の利害を超えた国民感情の対立もあった。果たして、昭和の名外相・椎名悦三郎はどうやって難関を突破したか。

 ぶっきらぼうで寡黙。しかし、時折思いついたように発せられた一言は、敵味方問わず温かい笑いを誘う。ものぐさ椎名。1965年、日韓国交正常化を成し遂げた外相・椎名悦三郎は、そう称される。

 日韓交渉は1957年成立の岸信介内閣によって本格化する。紛糾した戦後賠償も、1962年、大平正芳外相と金鍾泌中央情報部長官の間で無償3億ドル、有償2億ドル、民間協力1億ドルで大筋合意に達した。

 1961年の軍事クーデターによって大統領の座についた朴正煕大統領は、日本の後ろ盾を得て、経済発展を遂げたい。あとは条約を結ぶだけ。だがゴールは見えても先は長い。

 韓国では「対日屈辱外交」を叫ぶ学生や野党の鼻息が荒い。日本でも「朴政権は米国の傀儡」と見る左翼陣営から反対の声が絶えない。

 そんな折に外相に就任したのが椎名だ。当初、外交畑を歩んでいなかった椎名は入閣を固辞。池田勇人総理の強い要請によって外相就任を決める。記者会見で抱負を問われて、椎名は思わず本音を洩らした(「サンデー毎日」1994年2月13日号)。

「初めてで、わかりません」

 池田は、椎名の経験ではなく、「人」をかった。縺れた日韓感情をほぐすには、明晰な頭脳や雄弁さは必要ない。1964年11月に成立した佐藤栄作内閣でも椎名は留任した。

 翌1965年2月17日、遂に椎名は訪韓する。日韓基本条約の仮調印という特命を負った。

 厳戒態勢のなか金浦空港に降り立つ。冬空の下、事前に用意していた声明を発表した。

「両国間の永い歴史の中に、不幸な期間があったことは、まことに遺憾であり、深く反省するものであります」

 この声明はその場で翻訳され、韓国中に伝播していった。当時、椎名の交渉相手だった外務部長官・李東元は1981年、椎名の三回忌のスピーチで当時を振り返っている(「新潮45」1992年11月号)。

「僕が新聞記者から聞いたところによれば、椎名大臣は『深く反省する』という気持を文言に入れてもいいとの考えだったが、官僚たちが反対、佐藤総理も『そんなにまでして行く必要があるのか』と(中略)。ところが椎名さんは大物だから自分で判断された(中略)。しかも椎名先生の落着いた、とつとつとしたステートメントには先生の誠実さが溢れていましてね。韓国民の感情はすぐ納まったんです」

 続けて同夜のレセプションでは韓国マスコミの心も掴む。椎名訪韓をトップに伝えた韓国紙夕刊には、野党側のデモの模様も伝えていた。それを見ながら、「反対デモの先頭に、なんでオレがいるんだよ」とおどけた。野党リーダーである尹ボ善前大統領と顔がそっくりだったのだ。場内に笑いの渦が起こった。

◆あれは明治人の気質だろう

 訪韓はたった4日間。外交交渉は深夜にまで及んだ。

 こんなことがあった。李に案内され料亭に行くと、韓国軍の陸海空将官クラスが宴を催していた。彼らは口角泡を飛ばし、韓国語で何かを議論している。すごい迫力だ。

 朴大統領による作戦だった。将官たちを動員して重圧を与えようとしたのだ。しかし、当の椎名は、持参したブランデーをちびちびやりながら、「彼らは何を話しているのかね」と素知らぬ顔である。

 李と椎名は毎晩、杯を重ねる。竹島の領有を示す根拠があるのか、と椎名が問う。李は「では対馬は? 対馬が韓国のものという歴史的根拠を我々は持っている」と返す。

 国家の溝は埋まらない。ただし、椎名と李の両者の心の距離は近づいていった。

 前述の三回忌スピーチで李は、「私は日本語が少しできるので会談は全て日本語で行いました」と明かしている。

当時、韓国の閣僚は、日本の大学卒が多かった。日本語はできる。が、発音を気にして日本人の前では使わない。 李は、「私の日本語も下手だったけれど、椎名先生の日本語もおかしかったからよく通じたのでしょう」と笑った。

 帰国前夜、椎名にはもう後がなかった。李との会談で「基本条約を仮調印する権限が私にはある。決断してほしい」と迫る。李は、朴正煕大統領でないと応えられない、大統領はいま軍艦視察中だ、と逃げる。椎名は、引かなかった。

「軍艦なら無線がある。今すぐ繋げてほしい」

 そして条約は仮調印された。

 政治評論家の浅川博忠氏は、「交渉の報告を日本の佐藤首相に電話でした際に、『国内の野党対応をどうする』と問われた。椎名は『全て自分で責任をとる』と答えた。椎名はユーモアや人柄の良さとともに胆力も備えていた。あれは明治人の気骨だろう」と語る。

 実際、椎名は帰国後に糾弾された。場所は衆議院予算委員会。社会党議員から訪韓時の「深く反省する」とはどういう意味か、との質問が飛ぶ。

 椎名は答えた、神妙な顔で。「しみじみと反省している、という意味でございます」

 人を喰ったような答えに、野党議員も思わず笑った。

◆兄弟分のような気持ち

 それから4か月後の6月22日、日韓基本条約は締結される。だが、調印当日の朝まで東京に滞在していた韓国側代表と外務省の間で、揉めに揉めた。特に竹島問題で、互いの主張は平行線を辿る。

 外務省の後宮虎郎アジア局長は、椎名に助けを請うた。すると椎名は言った (「世界週報」1979年11月6日号)。

「解決の目処と言っても直ぐ竹島が返ってくるわけではなかろう。条文上はしかるべくなにか二、三行書いておきたまえ。国会答弁は私が引き受ける」

事実上、竹島問題は棚上げされた。 このように高度な政治判断によって締結が最優先された日韓基本条約は玉虫色の表現が多い。その余白が現在も紛争の種になっている。しかし、それをもって同条約を批判すると問題の本質を見誤る。

 日韓国交正常化交渉の内幕に迫った『竹島密約』でアジア・太平洋賞を受賞したロー・ダニエル氏は、合理性を追求する欧米の国際政治と異なった日韓外交の特異性をこう綴る。

〈自民党と韓国の共和党の長期執権のなかで、この浪花節的な文化関係はつづいたと見ていい。双方の為政者たちは互いに兄弟分のような気持ちをもっていた〉

 椎名だけでなく、“党人派”の大野伴睦や元首相の岸信介など韓国とのチャンネルを持つ政治家は多かった。両国で同じ空気を共有してはじめて、落としどころが議論される。それが当時の外交だった。

 あれから50年。日韓外交の危機的状況は、過去の妥協が顕在化したと言っていいのだろうか。むしろ、先人の知恵を受け継げなかった両国の外交官や政治家の資質を問うべき話なのではないか。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国女性は美容にかける時間が日本人の2倍 平均で約68分
KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「根拠のないデマ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP