ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】12月利上げ想定して123円台のドル高も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が11月9日~11月13日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 ドル・円は堅調推移か。米連邦準備制度理事会(FRB)は雇用情勢の改善を織り込んでいるとの見方が広がっており、12月15-16日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で利上げが決定される可能性が高まっている。市場の利上げ期待が大幅に後退するような材料が提供されない場合、投資家などのドル買い・円売りは継続する見通し。12月利上げを想定してドルは123円台に上昇する可能性があろう。

【中国10月鉱工業生産】(11日)
 市場予想は前年同月比+5.8%で9月実績の+5.7%をやや上回る見込み。中国経済の減速懸念は織り込み済みだが、主要経済指標の上振れは上海総合指数などの株価上昇につながり、リスク選好地合いとなってドル買い・円売りを促す一因となる。

【米10月小売売上高】(13日)
 市場予想は前月比+0.3%で9月実績の+0.1%を上回る見込み。自動車を除く数字は-0.3%から+0.4%に大幅な改善が予想されており、予想通りならば、ドル買い材料になりやすい。

 11月9日-13日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)10月労働市場情勢指数 9日(月)日本時間10日午前0時発表予定
・9月実績は0.0、
 参考となる9月実績は0.0に低下した。失業率は5.1%で低水準を維持したが、非農業部門雇用者数は+14.2万人にとどまった。不完全就業者数は減少しているが、9月の労働参加率は1977年以降では最低となる62.4%に低下した。10月の労働情勢指数は多少の改善が期待できるものの、1.0を上回る可能性は低いとみられる。

○(日)9月経常収支 10日(火)午前8時50分発表予定
・予想は、+2兆1801億円
 参考となる8月実績は+1兆6531億円で14カ月連続の黒字計上。サービス収支が黒字に転じたことや第1次所得収支における黒字が増加したことが要因。9月については、第一次所得収支における黒字額が高水準を維持することや貿易赤字がやや縮小する可能性があることから、経常黒字額は8月実績を上回る可能性がある。

○(米)10月小売売上高 13日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、前月比+0.3%
 参考となる9月実績は前月比+0.1%にとどまり、市場予想をやや下回った。個人消費はやや伸び悩んでいることや賃金上昇が抑制されていることが要因。10月については、ガソリンスタンドの売上高が減少する可能性があることから、市場予想をやや下回る可能性がある。

○(米)11月ミシガン大学消費者信頼感指数 13日(金)日本時間14日午前0時発表予定
・予想は91.0
 参考となる10月実績は90.0で9月実績の87.2から上昇した。ドル高の影響が懸念されたが、悪い数字ではなかった。11月については、個人消費が特に好調ではないことや製造業景況感の改善がやや遅れていることから、10月実績を若干上回る水準にとどまる可能性がある。

○日米の主な経済指標の発表予定は、10日(火):(米)9月卸売在庫、12日(木):(日)10月国内企業物価指数、(日)9月機械受注、(米)9月JOLT求人、(米)10月財政収支、13日(金):(米)10月生産者物価指数、(米)9月企業在庫

【予想レンジ】
・米ドル/円:120.00円~124.00円


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ドル円週間見通し】レンジ上限接近でドルの一段高は期待薄
売れる食パンの厚さ 関東は6枚切り、関西は5枚切りが圧勝
米国の利上げ 「早くても9月」と想定するのが無難と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP