体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代中国人に聞く「ココが変だよ日本の会社」(後編) 「まずは日本」でなく最初から世界をねらうべきだ

20代中国人に聞く「ココが変だよ日本の会社」(後編) 「まずは日本」でなく最初から世界をねらうべきだ

日本企業で働く若き中国人に話を聞く「ココが変だよ日本の会社」の第3回は、日本が国際競争力を上げるために何をすればいいかについて尋ねた。これまでは日本市場にある程度の勢いがあったので、「まずは日本」という発想が主流だった。

しかし日本でうまくいったものが、世界でうまくいくとは限らない。参加者たちは「最初から世界をねらうべきだ」と指摘。社内のルールも、まずは日本流に従うべきという考え方に異論を投げかけている。
会社は本当に「新しい風」を求めているのか

――日本の会社は、外国人社員に何を求めてるんだと思う?

 私はまだ研修中だけど、会社は外国人社員に「新しい風を吹かせてください」って言っています。

 それ、研修のときだけだから! 本当に新しい風吹かせようとすると「内部告発」(離席の回数を上司に密告されるなど。前編参照)される。入るときには人事部とかに、「自分の国の長所を生かして」って言われたんだけどね……。

 そう! 新しい風を吹かせようとすると目立つ。会社のシステムが日本のシステムだから、意味がないのかな。

 会社は日本人の社員が当たり前に思っていることに、日本人とは違う「外国人の考え方」みたいなものを入れるのを期待して入社させたのかもしれない。でも私たちがやると「それは違うんだよ」「こういうのが当たり前だよ」って返される。期待されたとしても、日本人は自分たちのやり方が正しいと思ってるから、「それは間違ってるよ。まずは日本のやり方でやってみな」ってなるんだよね。

 「ここは日本だから」って言われるね。人事部の思いが会社に広がっていないんだよね。

 人事部は採って終わり。もちろん日本にいるから日本のルールに従わないと、っていう認識は持っているけど、もっと許容度を上げてくれてもいいと思うよね。当初の話と違うんじゃないっていうのはよくある。
社員食堂にはインド人が食べられるメニューがない

――社内のグローバル環境の整備って進んでないの?

A~D 進んでいない。

 私は社に1人だけ(の外国人)だしね。

 人だけ採って、社内の環境が整備されてないんだよ。社内用のポータルサイトとか、日本語と英語ってあるんだけど、英語の方を見てみると一部の内容しか翻訳されていなかったり。Eラーニングとかの勉強システムにも、英語の資料だけ用意されていなかったり。

 社内用システムが翻訳されていないのは、あるある!

 私の会社、インド人が多いけど(社員)食堂に食べられるものがないかも。

 うちの会社もないかな。言ったら準備してくれるのかもしれないけど。前、インド人のインターンを担当したら、その子がベジタリアンっていうのもあるけど、サラダしか食べていなかった。

 採った後、放ったらかしって感じだよね。人事部と現場の意思伝達が出来てない。

――グローバル化を進めるためにはどうすればいいと思う?

 公用語を英語にするのは一例だと思う。社内が日本語のままで、外から入ってくる人も日本語を喋っていたら何も変わらないかなって。自分たちから何か変えないといけない部分もあるんじゃないのかな。すべての業界でベストではないと思うけどね。

 承認までを短くする。中国は結構若い頃から意思決定ができるんですよ。日本は意思決定までのプロセスが長いですよね。
「日本だけの考え方」を捨てて欲しい。保守的すぎる

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy