体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うちわの年間消費量が200万本~江戸から学ぶ生活のヒント

うちわの年間消費量が200万本~江戸から学ぶ生活のヒント

井戸端会議ならぬ「江戸端会議」というイベントが、9月25日、26日に東京・南青山で開催された。「徳川家康四百年祭」と銘打ち、江戸260年間にわたる泰平の世に構築された社会システムに潜む知恵や工夫から、21世紀の暮らし方のヒントを発掘しようというものだ。
人口100万人の時代にうちわの年間消費量が200万本

果たして、江戸時代の人々はどんな暮らしをしていたのか。そして、現代の住まいや暮らしに活かせるヒントとは何だろうか。

【画像1】会場は雨降るスパイラルホール。ポスターのイラストはしりあがり寿さん(写真撮影:石原たきび)

【画像1】会場は雨降るスパイラルホール。ポスターのイラストはしりあがり寿さん(写真撮影:石原たきび)

調べてみると、日本に洋傘が初めて伝来したのは1804年の長崎。おお、これも江戸後期だ。

イベントが始まった。まずは、日本文化デザインフォーラム理事長でソシアルプロデューサーの水野誠一さんが登壇。

水野さんの話では、江戸時代はエコロジーへの意識も高く、紙や布は何度もリサイクルされ、ゴミ処理も1662年の時点で永代島(現在の江東区永代)の埋め立て工事を始めたというからすごい。

「江戸文化」とはすなわち「循環の価値観」であり、「因果(原因と結果)」を検証しながら物事を決めていく方法だった。また、この思想を失った近代日本人は勝ち負けにこだわる「欧米依存型」になってしまい、目先の利益のために文化や自然を壊すことに抵抗がなくなった。

【画像2】したたかな外交戦略も(写真撮影:石原たきび)

【画像2】したたかな外交戦略も(写真撮影:石原たきび)

さらに、仕事に関しても社会全体が潤うことで自分も潤うという考え方が浸透しており、共同体優先の先進的なボランティア社会を実現していたそうだ。

20世紀のツケが回ってきた今だからこそ、江戸の知恵が必要だと水野さんは言う。例えば、エアコンの外部放熱でヒートアイランド化する流れを断ち切り、打ち水、ゴーヤカーテン、行水などで暑さをしのぐことで、再び地球が冷やされるという指摘もあった。

続いて、淑徳大学客員教授で江戸東京博物館名誉研究員の小澤弘さん。テーマは「都市『江戸』のエコロジカルな生活」。

【画像3】約200年前の日本橋の様子(写真撮影:石原たきび)

【画像3】約200年前の日本橋の様子(写真撮影:石原たきび)

江戸時代は武家も町人も一様に簡素な生活を送っていたという。当然エアコンなどはないので、うちわの年間消費量が200万本だったとか。人口が100万人の時代に、である。

【画像4】履き物も修理して長く使う(写真撮影:石原たきび)

【画像4】履き物も修理して長く使う(写真撮影:石原たきび)

また、くずを拾ってリサイクルしたり、大根を干して漬物にするなど、エコロジカルな生活だった。

【画像5】「イカ焼き」「てんぷら」などの屋台(写真撮影:石原たきび)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy