ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋田から日本酒に革命を起こす「ネクスト5」の挑戦【後編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま、秋田県から日本酒革命が起ころうとしている。一躍注目を集める5蔵が集まり、次世代を見据えた酒造りの研究会「ネクスト5」を立ち上げたのだ。その挑戦に、ノンフィクション作家の一志治夫氏が迫る。(後編:文中敬称略)

 * * *
◆「良い米の確保」も重要命題

 東京農業大学の醸造学科を卒業し、五城目町にある実家の福禄寿酒造に渡邉康衛(36)が戻って来たのは2002年。渡邉の蔵もまた、売り上げの95%を安い普通酒が占めていたため、需要の激減とともに苦境に陥っていた。

「その頃は、取引先から聞かれるのは酒質ではなく、値段のことだけでした。でも、『十四代』の高木(顕統)さんという偉大な先人が山形にいて、あんな酒を自分でも造ってみたいと思い始めた。それで、2006年に『一白水成』という純米酒のブランドを立ち上げたんです」(渡邉)

 香りと味のバランスがとれた『一白水成』は、瞬く間に人気となり、いまや福禄寿酒造の純米酒と普通酒の生産量は逆転した。

 渡邉は地元の米農家の育成にも積極的だ。7年前に「五城目酒米研究会」を立ち上げ、現在では原料米の7割が蔵の周りで穫れた米になっている。それでも、農家の高齢化と後継者不足の問題の根は深い。

「田んぼを守っていかなきゃ酒が造れなくなる。農業法人を立ててバックアップしていく方法も考えなきゃいけない。『ネクスト5』が共同で会社を作って米を確保するやり方もあるかもしれない」(同前)

『春霞』を送り出す栗林直章(47)の蔵は、県南に位置する美郷町にある。地下水が豊富なこの地域にはかつて造り酒屋が20軒ほどあったが、現在は3軒に減った。

「ここの地下水は軟らかく発酵がゆっくりになる。ミネラルが少なく、口触りも甘い。それがウチの酒のベースです」(栗林)

 栗林が本格的に酒造りに参加したのは7年前。それまではベテラン杜氏が代々担っていた。

「他の4蔵に比べると大きくがらっと変えてはいないんです。ただ、毎年少しずつ自分なりに改良して、結果的に以前の杜氏が造っていた酒とは相当違ったものになっている。『ネクスト5』の中で出てくるヒントやアイディアも刺激になっています」(同前)

 最年長でリーダー格の『ゆきの美人』の小林忠彦(53)の蔵はユニークだ。なんと秋田市内のマンションの1階にある。外からは酒販店の入口のようにしか見えないが、中には酒蔵が隠れている。

「もともと古い蔵があったところにマンションと蔵を別々に建てようとしたんですが、建築基準法で同じ敷地には建てられず、苦肉の策でこの形になった。基本的な酒造りの工程は変わらないですよ」(小林)

 設備は機能的で、麹造りや発酵温度の管理は徹底している。『ゆきの美人』の水は、先の『新政』が新しい蔵を建てようと目論む地区の近くの水源からほぼ毎日タンクローリーで運んでくる。

「詳しい場所を教えると汲みに行かれちゃうんで内緒です(笑い)。岩盤を流れてくる湧き水で、ミネラルが少ない。いまは技術があるので発酵しにくい軟水がいい。私自身も好きですね」(同前)

『山本』『白瀑(しらたき)』の山本友文(45)の経歴はユニークだ。『THE BOOM』を擁する音楽事務所など東京で仕事をしていた。県北部に位置する八峰町に戻って来たのは、2013年前のことだ。

「経営は大赤字で、このままなら潰れてしまうという時期でした。ベテラン杜氏が引退したり、引き継ぎがうまくいかなかったりで、ストレスで顔面神経痛にもなった。8年前“このまま潰れるならもう自分で造るしかない”と始めたんです」(山本)

 山本は醸造試験場に通い、やはり杜氏なしで造る『ゆきの美人』の小林に相談しながら、実践の中で酒造りを学んでいった。

『ミッドナイトブルー』『ストロベリーレッド』をはじめとする独特な酒のネーミングには、音楽畑にいた頃の感性も見てとれる。山本の酒の特徴は、日本海と白神山地に挟まれた土地ならではの一貫した造りにある。

 山本は、酒蔵近くの水田で自社製の酒米を育てている。標高300メートルのブナが繁る山の中腹から、その標高差を利用して水田と蔵に湧き水を引き入れている。つまり、酒米を育てる田んぼの水と仕込み水が同じなのだ。山本は、絶景の地の自然を余すことなく使っている。

 去年からは、中国や韓国、シンガポール、オーストラリアなどに向けて日本酒を輸出し始めた。

「他の国からもオファーは来ているけど、急には増やせなくて。外国人には酒はこうでなきゃいけないというような先入観がないので、逆に感想も参考になるんです」(同前)

◆日本酒が「地方再生」のカギに

 日本酒ブームはこれまで何度か起きている。今回のブームが少し違うのは、「ネクスト5」のような小さな蔵に期待が集まっているということなのかもしれない。

「『新政』の佐藤祐輔が『日本酒はかつて罰ゲームの飲み物だった』というぐらいで、昔は変な混ぜものはあるし、臭いし、イメージが悪かった。でも、ここ10年で団塊ジュニアを中心に若い造り手が酒蔵を継いで、クオリティの高い酒が全国で次々と生まれ始めた。いま、純米酒に力を入れている東北の小さな蔵はみんな伸びていると思う。新しい時代に入ったという感じがします」(前出・小林)

 日本酒の復権は、日本の農業が生き延びることにつながる。すなわち地域が個性を持って蘇るということだ。佐藤が目指す酒蔵を中心とした村づくりにしても、あながち夢物語とは言い切れない。

 日本酒が軸となって地方が動き出す──。「ネクスト5」の酒には、そんな日本の未来を予感させる種が詰まっている。(了)

撮影■今津聡子

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
秋田から日本酒に革命を起こす「ネクスト5」の挑戦【前編】
純米酒と清酒の違いなど酒造技術指導者が酒造りを解説した本
日本酒『獺祭』 パリに直営店出店予定など積極的な海外戦略

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP