ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋田から日本酒に革命を起こす「ネクスト5」の挑戦【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま、秋田県から日本酒革命が起ころうとしている。一躍注目を集める5蔵が集まり、次世代を見据えた酒造りの研究会「ネクスト5」を立ち上げたのだ。その挑戦に、ノンフィクション作家の一志治夫氏が迫る。(前編:文中敬称略)

 * * *
 乳酸が醸すまろやかな旨味とほんのりとした酸味、それでいて、舌にしつこく残らぬ香りの爽やかさ。かつてこんな鮮烈な飲み口の日本酒が存在しただろうか──。

 2010年冬、秋田・新政(あらまさ)酒造の日本酒『No.6』が発表されると、飲食業界に衝撃が走った。数年経ったいまも、東京の有名飲食店や左党の間では『新政』の酒をいかに入手するかが話題となり続けている。「1人2本まで」などと販売制限を設けている酒販店も少なくない。

『新政』の大躍進に牽引されるかのように、『ゆきの美人』『一白水成(いっぱくすいせい)』『山本』『春霞』を送り出す秋田の4蔵も注目を集め、引く手あまたの状況が続いている。この5蔵が集まり、次世代を見据えた酒造りの研究会「ネクスト5」を立ち上げたのは2010年のことだ。

『山本』『白瀑(しらたき)』の蔵元である山本友文(45)がいう。

「我々が目指しているのは、お互いを高め合い、徹底した品質本位を貫くこと。技術的にわからないことがあれば、5人の誰かしらが答えてくれる。一方でライバルでもあり、私は遅れをとらないようにメンバーの新しい酒は必ず飲んでいます。みんな、さらにブランド力を上げて日本酒の価値を高めたいと思っている」

 5蔵が使う米や酵母はばらばらで味もそれぞれ異なるが、どの酒も綺麗な飲み口で旨く、食事に合う。代々続く老舗ながら、ここ10年ほどでまったく新しい方向性を打ち出してきたことも共通項だ。

 先鞭をつけたのは『ゆきの美人』を手がけた小林忠彦(53)だ。小林はプログラミングの仕事を辞め、1987年に東京から実家の蔵に戻ってきた。それまでも酒造りの知識はそれなりにあったが、県内の醸造試験場にも通い技術を磨いた。小林が振り返る。

「当時は杜氏(とうじ)さんを使って冬の間に集中的に酒造りをするスタイルが一般的でした。でも私は自分で設計し、思った通りの酒を造りたかった。12年前に思い立ち、杜氏さんに辞めてもらって、試行錯誤で酒造りを始めたんです」

◆「生もと造り」「6号酵母」へのこだわり

 小林が新しい酒に挑戦している頃、『新政』の佐藤祐輔(40)も動き始めていた。佐藤は東京大学文学部卒業後、ジャーナリストとして活動していたが、日本酒の魅力に惹かれ家業を継ぐことを決意。2002年から広島の酒類総合研究所で学び、2007年に秋田に帰ってきた。

「当時、『新政』の主力である普通酒の売り上げは前年比5%減のペースで落ち続け、1975年のピーク時からは半減してました。このまま改革しなければ、蔵が潰れることは目に見えていた。ならば、戦ってやろうと思ったんです」(佐藤)

 佐藤は、燗酒などで重宝されていた普通酒を捨て、すべてを純米酒に切り替える大改革を断行する。杜氏や社員の大幅な若返りも図った。そんな中から新政酒造発祥の酵母である「きょうかい6号」を使った『No.6』は誕生した。

 佐藤の願いは、秋田を日本酒で活性化することだ。だからこそ「きょうかい6号」酵母と秋田産酒米だけを使った酒に固執する。

 佐藤は今年からすべての酒を生もと造りとした。江戸時代に考案された製法で、桶の中で米と麹、水を混ぜてすり潰す工程があるため、おそろしく手間がかかる。速醸を可能にする添加物を用いず自然の力を借りるため、時間も通常の倍以上必要だが、佐藤は譲らない。

 さらには、無農薬米化も目指す。

「最終的には『亀の尾』という江戸時代からある米を使って、100パーセント無農薬化したい。そうすると米の買い入れ代金が4倍ぐらいに跳ね上がるので、いまはまだ無理ですが……」(同前)

 佐藤は、秋田山中の限界集落で、そこの水と米を使って現地で究極の酒造りができないかと目論んでいる。酒蔵を中心に若者の雇用さえ生み出す村を創りたいという夢を抱いているのだ。(後編に続く)

撮影■今津聡子

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
秋田から日本酒に革命を起こす「ネクスト5」の挑戦【後編】
純米酒と清酒の違いなど酒造技術指導者が酒造りを解説した本
日本酒『獺祭』 パリに直営店出店予定など積極的な海外戦略

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP