ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitter 「お気に入りをハートマークに変更」は迷走の印か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Twitterが迷走中だ。ダイレクトメッセージのフォロー制限廃止、フォローに関係なくTwitter上の話題を表示するキュレーション表示機能「Moments」、2択の独自投票を実施できる「Twitter Polls」、フォロー数上限引き上げなど次々と新機能を投入しているが、好評とは言い難い。そして、11月4日に「お気に入り」を「いいね」に、そのシンボルマークを星からハートへ変更し、世界中のユーザーが不満を募らせている。

 変更後の関連ツイートをみると、

「星はどこへいった」
「Facebookのマネしなくても」
「若い女の子はオッサンからハートつけられたら気持ち悪いだろ」
「ツイッターは孤独にやるものだと思っていたのに、コミュニケーションを強制されるのか」

 など、変更を歓迎しない声が目立つ。つぶやきには、最近のTwitterには期待できないという諦めまで漂う。

 Facebookにもアカウントを持ちつつTwiterを愛用する40代男性は、なぜハートマークになったのかと嘆く。

「僕にとって星のマークのふぁぼ(=お気に入りのこと)は、後で読んでおこうとか、関連の調べものしようと思ったときの備忘録代わりでした。ふぁぼしたことは相手に通知されるけど、特に意味があると考える人はそんなにいなかったと思います。でも、ハートマークでしかもFacebookと同じ『いいね』になった。『ビジネスいいね』を連発させられるのが嫌でFacebookから遠ざかったのに、TwitterまでそうなったらSNSを楽しめない」

 Twitterのスポークスマンは「ハートはユニバーサルなシンボルマーク。金の星だと新規ユーザーが混乱する」とハートマーク導入の理由を述べている。しかし仕様変更への拒否反応は、ハートマークに特別な意味を込めがちな日本のユーザーだけではない。言葉の壁を超えて不満が多くツイートされている。

 この「いいね」とハートマークの変更に限らず、最近のTwitterが打ち出す新サービスはおおむね評判がよくない。鳴り物入りで発表した新機能「Moments」はMLBのワールドシリーズTV中継でCMを放映するほどの力の入れようだったが、ナレーションもなく画面が細かく切り替わる映像に対し、理解不能と酷評された。しかしTwitterは、なんとかしてユーザーの増加率鈍化にブレーキをかけたいと必死で新たな動きを加速させている。

 SNSの月間アクティブユーザー数(MAU)を比較すると、Facebookは15億5000万人、Google+が5億4000万人、Instagramが4億人超でTwitterは10月末発表で3億2000万人。Instagramが20%超の伸び率で、特に日本では一年前と比較して倍増させているのに対し、Twitterは前年同期比11%増、前期比0.1%とかつての勢いが見られない。しかも赤字続きで2015年7~9月期は1億3200万ドル(約160億円)の純損失を計上している。

 7月から暫定CEOをつとめているジャック・ドーシーはTwitterの創業メンバーだったが経営から離れ、クレジットカード決済端末にするSquareというサービスを開始し軌道にのせてから再びTwitterに戻った実業家だ。彼は9月末に正式CEOに就任すると「僕らはTwitterを愛して使ってくれる人たちに、もっと使える機能を提供するよ」とツイートしているが、今のところあまり「使える」ものが多そうには見えない。

 一方で、こんな声もある。米国でのサービス開始直後からTwitterを愛用してきた30代男性は、今後もTwitterサービスが継続するにはハートマークの導入は避けられなかっただろうと言う。

「学生のアカウントを見ると、ハートマークはおおむね好評なんですよ。気づけば、SNSを始めネットにハートのシンボルマークはあふれている。Instagram、Tumblr、VINE、MixChannelもハートをタップする。Facebookだって絵文字でハートを使えるし、Twitterだけ遅れていたのかも。友人とも話したのですが、ハートに特別な意味を感じる俺たちはもう、ネットでは年寄りなのかもしれない」

 ともあれ、最近のTwitterの新サービスや仕様変更は、狙った効果を生み出すというより、ネット上でネタ扱いされ消費されるばかりだ。新CEOが宣言したような「使える」、かつての勢いあるTwitterが戻る日は来るのか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米の「がんばれ日本!」Tシャツの“日本海”表記に韓国人怒る
出光のアポロマーク 顔の周りの正円が楕円に変更されている
お腹が弱いスマートフォンユーザー 「トイレアプリ」を絶賛

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP