ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自己肯定感抱くには成功体験を重ねること 大人でも間に合う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身の回りにいる「困ったちゃん」についての相談に、『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)などのテレビ番組でお馴染の東京未来大学・こども心理学部長である出口保行さんがズバリこたえる。今回は、ネガティブ思考で自己肯定感が低い娘への接し方についてのお悩みです。

【悩み】
 小学5年生の娘は、テストのたびに張り切って勉強していますが、結果はあまりよくなく、たびたび落ち込んでいます。最近では「また、悪い点をとるのでは…」と、試験前からかなり不安そうです。娘にどんな声かけをしたらいいでしょうか。 (富山・悦子・41才)

【回答】
 お子さんがテスト前から「悪い点数をとるのではないか」と、不安になる様子が心配だという悦子さん。おそらく、お子さんはテスト以外でも、何かにつけて「また、失敗するかも」と、心配したり、「無理に決まっている」といった、ネガティブ思考になっているのではないでしょうか。

 では、そうなる前の様子を思い出してください。例えば、テストの点数は「100点をとるんだ」などと、大きな目標をかかげていたはずです。ところが現実は、目標から大きくかけ離れた結果ばかり。親としては、「なんでこんなに点数が悪いの!?」と叱りたくなりますが、それは逆効果。

 子供は目標に到達できないから自信を失い、ネガティブ思考になっていくわけですから、それに拍車をかけては、元も子もありません。ネガティブ思考は、成功体験が少ない人に多いと考えられています。“スモールステップ学習”の経験が少ない。つまり、小さなことをコツコツ積み重ねて成功するような体験をあまりしてこなかったと考えられます。

 夢や憧れが人一倍強く、しかもそれがいつも大きすぎて、到達できない。その挫折を繰り返しているうちに、「夢は叶わないもの」と、なんの努力もしないで、最初からあきらめてしまう。

 一方、スモールステップ学習を繰り返してきた人は、最初からあきらめたりはせず、できる限りの力を発揮しようと考え、行動に移します。非行少年も成功体験が乏しいことから「どうせ、がんばっても社会が自分を受け入れてくれない」と、ネガティブ思考なタイプが多いのです。

 社会人の場合、このタイプは仕事を途中で投げ出す危険があるので、大切な仕事を任せにくいでしょう。投げ出したことを指摘すると、「どうせできない」、「バカですから」と開き直ってしまいますから、上下関係のつきあいがうまくいかない人が多いのも特徴です。

 できれば悦子さんのお子さんのように、まだ幼いうちから、小さな目標をつくって、達成感を味わわせるような教育をしていくことが大切です。

 今回テストの点数が50点だったなら、次は55点に。そして55点がとれたら、次は60点と、少しずつ目標を上げていきます。大切なのは目標を達成したら、必ずたっぷりほめてあげて、喜びを実感させることです。

 夢は誰でも持てるし、そのチャンスもあります。一方で努力をしても、必ずしも夢を叶えられるとは限りません。しかし、夢が叶えられなくても、努力したことで自分の限界を知ることはできます。このような人はどんなことでも肯定的に受け入れられるようになります。

 努力しなかった人はというと自分自身に問題があるとは考えず、「どうして?」「この結果はおかしい」と結果に不満を持ち、最終的に「どうせ自分なんか」と自己肯定ができなくなっていきます。自己肯定ができない人は、他人を肯定することもできません。

 自己肯定感を持つためには、小さな成功体験を積み重ねること。それは大人になってからでも、まだ間に合います。

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
総選挙10位の松井玲奈 ネガティブさとオタク気質が武器か
Kポップ大好き妻 息子の挙式費用援助要請拒んで韓国旅行へ
超マイナス思考男 時計、花、盆栽贈られ不満抱く驚愕の理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP