ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽業界の儲け方 レリゴー方式やアプリ開発、合従連衡が重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨今音楽業界が儲からなくなっていると言われて久しい。1990年代の最盛期にはCDの売り上げが6000億円台あったと言われていたが、現在は2000億円台に低下している。その理由については諸説ある。単価が安い音楽ダウンロードが一般化した、違法アップロードがウェブに蔓延している、音楽以外の娯楽が増え過ぎた――いずれも、「環境」に対して原因を求めているようである。

そんな中、音楽業界は様々な手を打っている。音楽の作り手であり、さらには書籍を積極的に執筆する西寺郷太氏、音楽を「快眠」に繋げるべく「快眠zzz」というiPhoneアプリをリリースしたユニバーサルミュージック、そして、音楽サブスクリプションサービスを提供する企業・AWAに話を聞いた。

 現状の音楽を鑑みると、AKBグループの握手権付きCD販売や、音楽フェスの盛況、海外の大御所アーティストの来日公演が中高年世代を対象に満員御礼が続くなどの状況はある。音楽の活路は「ライブにある」と言われているが、果たしてライブはこれからの切り札になり得るのか。たとえば、今年8月に行われた「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ2015in富士山麓」について、ある業界関係者は語る。

「チケットが1万5000円で10万人だとした場合、15億円の売り上げになり、大儲けだと思われるかもしれません。でも、実際のところはすさまじい額の経費がかかっているのと、人数にしても10万人かどうかは分からないところがあるので、一般の方が思っているほど儲かっていないと業界では評判です」

◆音楽家が小説を書く意味とは

 ならば、他の活路はあるのか。『ウィー・アー・ザ・ワールドの呪い』や『プリンス論』などの近著がある音楽プロデューサーでポップ・ロックバンド「ノーナ・リーヴス」ボーカルの西寺郷太氏が語る。同氏は現在小説を執筆中だ。この「小説」こそが音楽業界にとって活路になる方法の一つだという。

〈「レリゴー」で知られる『アナと雪の女王』のテーマである『ありのままで』も、映画がなければヒットはしなかったでしょう。音楽というものは、映像や物語とミックスしたサントラ的なものになると爆発的に流行る歴史の積み重ねです。古くは『サウンド・オブ・ミュージック』であり、ディスコの『サタデーナイト・フィーバー』もそうですね。ビートルズも、マイケル・ジャクソンもその時代最新の視覚効果、映像を武器にしてヒットしたと言えます。

 昨今「CDが売れない」という言説がありますが、音楽だけで売れる時代はそもそもないんですよ。僕は昔、ゲーム『パラッパラッパー』のテレビアニメ版のテーマ曲を作りましたが、こういった局面では、後から参加した音楽家やバンドは正直エラくないんです。『パラッパラッパー』はCM、アニメ、ゲームになる大ヒット作でした。でも、これら単体がエラかったというよりも、『パラッパラッパー』という「企画」ありき。1990年代末のこの場合はプレイ・ステーションのゲームだった。つまり、その時代の何らかの新しいメディアの流れの中で、人は素晴らしいコンテンツを生みだしてきた。そこに音楽をかぶせることこそ、音楽がヒットする昔ながらの道なのだ、という考え方を抱くようになりました。

◆オレがアナ雪を書いちゃえばいいじゃん!

 だから、最近僕が考えているのが、『オレがアナ雪を書いちゃえばいいじゃん! そして、オレがそこで歌われるレリゴーを作ればいい!』ということです。物語、音楽とダンスが合体したコンテンツは、何千年も前から廃れていないのです。コンテンツを作ることができるのならば、音楽家は儲かるんですよ! 今、講談社から発刊される小説を書いていますが、それも映像化を念頭に置いて書いています。ただし、「音楽だけ」と捉えるのはダメです。今の時代、スマホも含め、時間をどれだけ使ってもらうかを考える「合わせ技」で考えるとヒット曲も生まれると思ってます。

 今で言えば、ピース・又吉直樹さんの芥川賞受賞作『火花』もそうですね。又吉さんが類まれなる作家だったことに加え、芸人という別のコンテンツ、引き出しを持っていたから話題性があそこまであった。あれだけヒットした小説で「絵にしやすい」物語を映画化、ドラマ化することは誰だって思いつくでしょう。こういったことって100年前から変わっていないんですよ。

 たとえば、CHAGE&ASKAの『SAY YES』も282万枚超の大ヒット作です。でも、これも『101回目のプロポーズ』というフジテレビ系の連ドラの主題歌になったことが大ヒットの根底にはあるわけですね。だからこそ僕は「ミュージシャン自身が『物語』を作れば儲かる」ということを言いたいんです。そう考える人が案外いないので、僕はそうなりたいな、と。それが出来れば、低予算で冒険や発信が出来る今の時代こそミュージシャンは儲かるのではないでしょうか。

 音楽が単体で売れる時代もあった。待ってても周囲が動いてくれる時代もあった。でも、それって決して長い話ではないんですよね。元々はモーツァルトだってパトロンにお金を出してもらっていた宮廷音楽家だったのが、食えなくなって、後半は大衆演劇に参加せざるを得なくなった。都落ちのような感じで「なんだこりゃ?」と言われていたんですよね。でもそれって観客にチケットを売ってライヴや演劇をする今の状態の先取りですよね。

どんどん音楽家の生きる道は変わる。僕にとってはウェブがあって助かっていますね。水道橋博士に誘っていただいたメルマガ・『水道橋博士のメルマ旬報』で『郷太にしたがえ!』という連載をやっているのですが、ここから三冊すでに本を出版してます。こうしたコンテンツも含め、音楽に繋げていきたいですね〉

◆音楽会社が「睡眠」に着目し、アプリ開発

 西寺氏の場合、「全体の世界観」の中に音楽を配置し、ヒットを狙っていくということだ。ただし、これは文章も書けて、音楽も作れて、自ら演奏もできて歌えるという西寺氏のような才能ある人物にしかできない高等な戦術といえよう。ならば、西寺氏が指摘をしているようにウェブをどう活用するかということも重要になってくる。音楽をCDという形にしたパッケージが爆発的に売れた時期があり、そこから「着うた」「着メロ」が出た後にiTunesが登場。現在はアプリと音楽サブスクリプションも音楽メーカーにとっては一つの販売手段となっている。これらはどうなのか。

 ユニバーサルミュージック合同会社開発本部制作編成部の峯川伸一氏は、今年9月末に発売されたiPhoneアプリ「快眠zzz」の開発に携わった。同社が保有するクラシック音楽のほか、音楽家・河合一正氏が開発した「眠れる音楽」、それに「波の音」や「羊が○匹…」など54曲を収録した「寝るための音楽アプリ」である。峯川氏が語る。

「今、音楽会社がアプリを開発する意図は『販路を広げて音楽との接点を増やす』ということです。進出していない分野にチャレンジする、ということ。App Storeのマーケット規模は、iTunesの10倍ぐらいと推測しています。元々App Storeのランキングに上位に睡眠のアプリがあって、睡眠への関心の高さを実感していました。これまではテーマや作品ごとにパッケージにして売っていましたが、我々の資産としての音楽をちょっと違う形で再利用して商品を作りたいと考えていて、その発想の中からアプリを開発することになったのです」

 しかしながら、儲かるレベルに行くには数が売れなくてはならない。同アプリは120円というもっとも安い価格帯で、損益分岐点超えには数万ダウンロードが必要だ。アプリのダウンロードにおいてはランキングが大きく影響するようで、「上位を占めるアプリはずっと変わらない傾向がある。まずはランキングで上位に入るところから始めなくてはいけない」(峯川氏)とのことである。さらに、同氏はこう語る。

「音楽会社しかできないアプリってあると思います。他社の睡眠アプリも試してみましたが、少なくとも音質の面では数倍良いのができると考えました。私達にしかできないものを出せれば関心を持ってもらえる人も増えると思います。我々レコード会社スタッフとプロのサウンド・エンジニアの、オーケストラ、ピアニスト……、音楽について豊富な知識を持つチームで方々に『どうなったら眠れるか』ということを「間合い」とか含め、色々考えました。一般的な睡眠アプリとは差別化はできたと思っています」

 それではアプリのほか、もう一つの新たなる潮流である音楽のサブスクリプションサービスはどうか。今年5月にエイベックスとサイバーエージェントの合弁企業・AWAが開始した「AWA」(月額360円か960円)が登場したのを皮切りに、メジャーなところではLINEが運営する「LINE MUSIC」(同500円か1000円)、アップルが運営する「Apple Music」(同980円)、グーグルが運営する「GooglePlay Music」(同980円)がスタートし、ダウンロード数を競っている。

◆サブスク業界、今は争っている場合ではない

 いずれも数百万ダウンロードを達成したが、無料期間を終えると解約者が増える傾向にあり、いかに有料会員を増やすかが勝負の鍵となっている。ここで「勝負」と書いたものの「まだその状況ではない」と語るのは、AWAのプロデューサー・小野哲太郎氏だ。

「元々は4社+αでサブスク業界は争われると報道されていましたが、実際のところ、業界の空気としては『連合軍』として、違法アップロードされた音楽と闘っている状態にあります。元々日本にあったレコチョクBestとKKBOXも含め、レーベルやアーティストの許諾を得た会社同士で潰しあうのは意味がありません。以前、業界のイベントに参加したことがあるのですが、各社の登壇者とはそういった形で意見が一致しました」

 アーティストの中にはサブスクリプション型の配信に積極的ではない人もそれなりにいる。サザンオールスターズ、ジャニーズ、Mr.Childrenなどがそうだが、違法アップロードされた音楽では聴くことができるものの、正規に契約されたサービスでは聴けないという状況にあるのだ。だからこそ業界関係者はもどかしさを感じている。別のサブスクサービスの関係者が語る。

「サブスクサービスの場合、IT企業と音楽会社が組んでやっているわけですが、現状、IT系企業が赤字を垂れ流して音楽を盛り上げようと頑張っているのだから、音楽会社には柔軟に考えてもらいたいんですよね。『聞き放題なんてしたら、CDが売れなくなるじゃないか!』と言う人が案外多いです。6000億円市場に戻すために色々新しい取り組みをしなくてはいけないのに、足並みがなかなか揃わない……」

 音楽を曲単位でダウンロードするサービスが誕生した時と同様の議論が発生しているのだ。それは大御所になればなるほど顕著で、彼らはCDでもライブでも稼げるため、敢えてサブスクに楽曲を提供するインセンティブがない。そこで一つの打開策となるのが、「サブスク発売れっ子」の登場だろう。前出・小野氏が語る。

「AWAには現在国内外の主要レーベルの楽曲が数百万曲配信されていて、日々楽曲数が増えている状態です。少しでもチャンスをつかもうとしている若手からすると、チャネルが増えたことはありがたいことだという声が出ています。若手にとってはチャンスが増えるのは良いことと捉えているようです。なので、トップクラスのアーティストを追いかけ、楽曲配信をしてもらうのも必要ですが、次の時代を作るアーティストの誕生が重要だと考えています。現在メインステージでトップアーティストとして活躍している人たちだけに焦点を当てるのではなく、新しいステージに合うアーティストをサブスクリプション発として育てていけるといいなと思っています」

 音楽会社が「快眠アプリ」を作ったり、IT会社と組んで配信ビジネスを行うなど、ありとあらゆる取り組みが求められる時代になっているわけだが、前出、西寺氏によるとこれは当たり前のことだという。

「マイケル・ジャクソンの評価も、時代の空気によっても、死後にも大きく変化しました。その最大の効果は映画『This is it』の公開があったことだと思います。意外にあの映画こそ、もしかすると彼の代表作なのかもしれないと思うことがあります。記録されたその「死」をもってして、世界に自らの音楽人生を伝えたわけですから。彼は幼少期の登場から、人生そのものをパッケージングして波乱万丈のコンテンツにできた稀有な人だった。僕のような普通の暮らしを過ごしてプロになったような人間は、その『コンテンツ』を作らなければならないんです」

 その変化についていける企業・アーティストであれば、明るいとの見方をすることこそ必要で、いつになっても「CDが売れた時代は良かった……」と言ってる場合ではないようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
リアルタイムで為替レートとニュース表示するスマホアプリ
お腹が弱いスマートフォンユーザー 「トイレアプリ」を絶賛
めちゃくちゃ使えるスマホの音質改善イコライザー系アプリ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP