ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームレスが独学で技術を身につけ、描いた「風景画」が全米で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」

自身のブログでそう力強く述べるのは、ニューオリンズの路上で暮らすホームレスのJon Masters氏。

ホームレスになったJonさん
集めたお金で買ったのは絵の具!?

ホームレスになる前は、船を自宅にして暮らしていたというJonさん。停めていた場所が違法なところだと気付かずに逮捕されてしまい、さらに船に穴が空いており、留置所から戻った時には沈んでしまったのだとか。

家財もすべて失ったJonさんは、それでもポジティブでした。彼は「助けて欲しい」というメッセージボードを路上に掲げ、40米ドルを集めました。

そして、彼はそのお金で絵の具を購入し、絵を描きはじめました。

路上の絵描き
SNSで大きな話題に

もともと絵を描くのが大好きだったJonさんは、YouTubeにアップされているハウツー動画で描き方を学んだそう。

毎日2〜3枚ほど描いては路上で販売をはじめたところ、独学とは思えないほどの高い完成度が話題に!

1枚25米ドル〜40米ドルほどで販売していた絵画は飛ぶように売れ、SNSでも大きな話題になったと「USA TODAY」は伝えます。

彼のポジティブな意志が
多くのホームレスを勇気付けた

Jonさんは、描き続ける中で一番嬉しかったことを同メディアで次のように語っています。

「他のホームレスの人達が、私の話を聞いて集まってきたんだよ。どうやって絵を描いたか教えて欲しいってね。私の行動が多くの人の心に届いたんだ。この瞬間、本当にやっててよかったと思ったよ」

Jonさんは現在、絵を販売して得た利益をホームレスの人たちとのコミュニティづくりに使っているのだとか。
そして、彼は今日もたくさんの人に刺激を与えるため絵を描いています。

Reference : USA TODAY USA TODAY
Licensed material used with permission by Jon Masters ( HP / Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

女性にモテモテ!人気カメラマンの正体は「ホームレス」だった
【イイ話】伝説の画家ボブ・ロスが、地味な「灰色の絵」を描いた本当の理由・・・
「木」をそのまま使ったシャンデリアが、幻想的すぎる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP