ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジア最大の近未来都市・香港で静かに眠る伝説の村に行ってみた / 川龍村

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香港は、アジア有数の近代的かつ先進的な大都市だ。香港から流行がはじまり、全世界に広まってゆく。すべての事象は香港から生まれるといっても過言ではない。

・大自然が広がる癒やしの村
そんな香港のイメージは近代的な街並みと、経済都市の象徴ともいうべき豪華絢爛な夜景だ。まさにエンターテインメント都市。しかし、香港には知られざる「静かに眠る伝説の村」が存在する。まさに大自然が広がる、癒やしの村なのだ。

・人気の食堂は『端記茶楼』
その村は、香港の中心部から鉄道とバスを乗り継いで1時間ほどの場所にある、川龍村だ。バスから降りると目の前に村役場があり、食堂が2軒、そして坂道に連なる民家がある。

特に人気の食堂は『端記茶楼』で、あまりにも人気がありすぎて中国や海外から訪れる客も多いという。14時には閉店してしまうのて注意が必要だ。

・ゆるやかな段差のある土地
村は山あいにあるため、どこからどこを見ても森と山。住居は鉄筋コンクリート作りがほとんどだが、ゆるやかな段差のある土地に建てられているため、非常におもしろい環境のなかにある。

・極めてきれいな湧き水
村は居住地区と田畑の地区に分かれており、田畑ではさまざまな植物が栽培されている。このあたりは極めてきれいな湧き水が流れているため、一級品のクレソンを摂ることができる。農民に話して、クレソンを売ってもらうこともできるようだ。

・時間をかけてウォーキング
村には散歩に適した道がいくつもあり、時間をかけてウォーキングしている観光客や村民の姿を見かけた。旅行者のひとりは「まさか香港でこんなにも素晴らしい大自然を体験できるとは思わなかった」と話していた。

・疲れたら川龍村に行ってみよう
川龍村へはカンタンに行くことができる。香港MTR荃湾線の荃湾駅(チュンワンえき)からバスで50~60分ほどなので、香港旅行に少し疲れたら、川龍村に行ってみるのもアリである。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/11/08/hongkong-village/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP