ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】牛の舌を焼いて食べると美味しい事が判明! 騙されたと思って食べてみて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

焼肉の定番といえばカルビやロース、ホルモン、ハラミなどだが、実は牛の舌も焼いて食べると美味しいということをご存知だろうか。

・騙されたと思って食べてみて
「えっ? 牛の舌を食べるなんて気持ち悪い!」と思うかもしれないが、それは食わず嫌いというもの。気持ち悪いのは理解できるが、試しに一度だけでいいから騙されたと思って食べてみてほしい。

・塩やレモンなどを少量つけて食べる
その味は、上カルビや上ロースにも匹敵する、いや、それ以上に美味! とにかくコリコリしてて、かめばかむほどジュワジュワ~ッと肉汁があふれ出すのだ! カルビのようにタレで食べるのではなく、塩やレモンなどを少量つけて食べると美味である。

・見た目は丸く切った赤身肉
「牛の舌ってつまり、ベロをそのままかじるって事でしょ?」と思った人はご安心を。大根のように牛の舌をスライスし、見た目は丸く切った赤身肉。まったくグロテスクではないので、そのあたりの心配はない。

・新たな牛肉の可能性
食肉業界では牛の舌のことを「タン」と呼んでおり、このタンが一番好きという人もいるほど。カルビでもロースでもない、新たな牛肉の可能性、それがタン! もちろんベロを食べるのだから最初は抵抗があるよ。でも皆さんも、勇気を出して、騙されたと思って一度でいいから食べてみてほしい。

・もっと早くタンを知っていれば!!
僕は13年間も生きてきて、今までタンの美味しさに気がつかなかったことを凄く後悔している。もっと早くタンを知っていれば、もっと焼肉屋を楽しめたのに……。これからはもっとタンが広まって、焼肉界にタンの時代がやってくる。僕はそう断言する。

https://youtu.be/ugYPoc4rb3A

執筆: 健太
もっとくほしく読む: バズプラスニュース Buzz+

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。