ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YOUは何しに日本へ? 3班体制でほぼ毎日、空港で直撃取材

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の空港に到着したばかりの外国人(=YOU)を直撃インタビュー。その場で取材交渉が成立すれば、そのまま密着ロケを敢行してしまうというテレビ東京の人気番組『YOUは何しに日本へ?』(毎週月曜夜6時57分~)。今年9月には放送100回を達成した。その裏にはどんな苦労があったのか。番組の生みの親でもある、総合演出の野村正人さんに話を聞いた。

――番組が始まった当初、100回続くことは想定していましたか?

野村:当初は、年に3回か4回の特番としてゴールデンでできたらいいな、という期待はありましたが、レギュラー化されるとは思っていませんでした。何せマンパワーが必要なことなので。2012年6月のパイロット版放送後、視聴率と番組に寄せられた感想を聞いて「よし!」と手応えを感じましたが、レギュラー化がされる話があった時に実は一旦断りました。大変なことは分かっているので。説得されるうち、1時間後には「ハイ、やります」と返事していましたけどね(笑い)。

――大変なのは、やはり空港での直撃?

野村:そうですね、これまでおおよそ4万人以上の“YOU”に声がけして250人以上に密着していますが、各ディレクターがまだ慣れていなかった頃は、40人にインタビューして、そのうち1人オンエアできるかどうかという程度。そこから密着となると、ハードルはさらに上がりますし、密着できたとしてもボツになるのが半分以上あります。通常、ロケに行く際には事前に下調べをしますが、この番組はリサーチと密着を同時進行でやらないといけないので、うまくいかないこともあります。

――取材班はどのような体制を敷いていますか?

野村:成田空港や関西空港では混雑時以外の時間帯で撮影許可をもらっているので、基本的には平日の日中に空港取材をしています。ディレクター、カメラマン、通訳で一つの班を組んでいて、だいたい3班が平日はほぼ毎日、空港でインタビュー取材をしています。

 空港からそのまま密着する場合など、カメラマンが別の仕事で戻らないといけない時は、ディレクターがカメラを回すこともあります。通訳さんも空港での待ち時間の間に、「あの人どうです?」と“YOU探し”を手伝ってくれていますね。少人数なので助かっています。

――有名人にも声を掛けていますよね。意外と気づかないこともあるみたいですが。

野村:失礼な話ですよね(笑い)。ベネディクト・カンバーバッチ、クリスチャン・ラッセンやミランダ・カーもいましたね。11月16日の放送ではキアヌ・リーブスに声を掛けています。昔の姿しか知らない有名人だとさすがに風貌も変わっていて、後になって「あー、あの人か!」と気づくこともあります。空港で気づいた時は積極的に、でも怒られない程度に声を掛けています。

――空港じゃないところで探すこともありますか?

野村:ロシアや中国、韓国から船でやってくる“YOU”に直撃することもあります。あとは「YOUの地元LOVE何ですか?」というコーナーで、鉄道沿線に住んでいる人にインタビューしています。近々放送される秋の2時間スペシャルでは、紅葉の盛りの会津鉄道で旅をするYOUに直撃インタビューします。

――声を掛ける基準はありますか?

野村:よく声を掛けるのは、バックパッカー、見た目が個性的な人、そして美人(笑い)。でもみんながその傾向になってしまうと偏ってしまうので、現場にいる個々のディレクターの嗅覚に任せています。あの人何しに来たんだろう、彼らはどういう集団だろう、というふうに興味を持った人に対して声を掛けています。

――ディレクターの腕の見せどころですね。

野村:予定調和にならないように、行き先やその目的が分からないというドキドキ感は大切にしています。高校時代から20年来の友人だというカナダ人4人組を密着した時のことです。彼らは事あるごとに、「キャボション!」と合言葉を叫ぶのですが、ほとんど車に乗って移動するだけでどこにも立ち寄らない。途中でウ◯コを漏らしてしまうというハプニングはありましたけど…。ずっと車のバックショットしか撮れないまま何日か経った後、スタッフがホテルに行ったら、彼らはもう出発していて、置き手紙がありました。「自分たちだけで旅をしたい」と。

――それは密着しているスタッフも困りますね。

野村:でも密着が強制終了してしまうところもリアルにお届けしたいと思っています。逆に何でもうまくいって予定調和になってしまうと、この番組の面白さが減ってしまうので。日本車好きのオーストラリア人が、GTRに乗って峠でビューンと行ったまま、二度と会わなかったということもあります。皆さん、成田では気分も高揚して「取材してもいいよ」と言ってくれるんですが、ずっとカメラがいると疲れてしまう人もいるみたいです。外国人の皆さんには日本を楽しんでもらいたいので、なるべく邪魔にならないように、空気になるように努めていますが、それでも連絡が取れなくなってしまうことはありますね。

◇『YOUは何しに日本へ?』
日本の空港で、来日したばかりの外国人に「YOUは何しに日本へ?」と質問。それに答える様子を紹介し、ユニークな返答をした人に密着取材する。毎回、予想外のハプニングが繰り広げられ人気を呼んでいる。スタジオでの司会は、バナナマン。今年9月、放送100回を達成した。11月9日の放送では、佐世保バーガーをハイテンションで食べまくり、佐世保市長から表彰までされたSBK(佐世保バーガーキング)ことオーストラリア人YOUのジュリアンさんが家族を連れて再来日した様子に密着する。毎週月曜夜6時57分~。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
空港で手軽に買えて喜ばれる手土産 生七味、酒、ロールケーキ
ミランダ・カー ファン大集合の空港でおヘソが見える衣装着用
空港ロビーに4000人を集めたヨン様 38万円のコート着用する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP