ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寺島しのぶ 長男のお受験対策を井川遥や木村多江に相談する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 市川海老蔵(37才)の長男・勸玄くん(2才)が11月1日、歌舞伎座で初お目見えの舞台に立った。海老蔵に手を引かれて花道から登場し、「堀越勸玄にござりまする」と大きな声で挨拶してペコリと頭を下げると、観客から「かわいい!」の大喝采を浴びた。

 今年5月、同じく歌舞伎座千秋楽に初登場したのは、寺島しのぶ(42才)の長男・眞秀くん(3才)だった。

 9月中旬、ネイビーのスーツを着て眞秀くんの手を引き、都内の私立幼稚園の園内見学会に向かう寺島の姿があった。眞秀くんは来年4月から幼稚園の年少クラスに通う年齢だ。

 歌舞伎役者が多い出身校といえば、中村吉右衛門や勘三郎、市川染五郎、猿之助などが出ている「暁星」や、市川團十郎や海老蔵、尾上菊之助の出身である「青山学院」がよく知られ、それぞれ幼稚園が付属している。

「歌舞伎役者を目指すなら、そうした“歌舞伎役者御用達学校”のほうが理解があって通わせやすいという考えもあるでしょう。寺島さんは夫がフランス人なので、フランス語を学べる学校も希望しているようです。幼稚園ママの先輩で、親交のある井川遥さん(39才)や木村多江さん(44才)にも、受験対策の細かい部分まで相談にのってもらっているそうです」(歌舞伎関係者)

 名門・音羽屋に長女として生まれながら、女性であるがゆえに歌舞伎役者になれなかった寺島。過去のインタビューではこう語っている。

《やがて弟が生まれ、とくに弟が6歳で初舞台を踏んでからは、ずっと孤独でした。女は歌舞伎役者になれない。だったら私は、何になればいいんだろう…》

 歌舞伎への思いは、眞秀くんの誕生によって強くなっているようだ。

「今年の春、歌舞伎座で初舞台を踏む頃から、弟・尾上菊之助の長男よりも多く実家に眞秀くんを連れていき、父・菊五郎に稽古をつけてもらっています。舞台初日には必ず、眞秀くんを羽織袴姿で歌舞伎座や劇場に連れていっているので、関係者の間では“総領(正式な跡継ぎ=菊之助)の息子より目立っている”と噂されているほど。そんな寺島さんですから、幼稚園も歌舞伎ありきで選ばれると思いますよ」(前出・歌舞伎関係者)

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
寺島しのぶ 3歳の長男連れ「歌舞伎役者御用達」学校を見学
寺島しのぶと弟嫁 息子たちの歌舞伎初舞台を巡って火花散る
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP