ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡田彰布氏 オリックスは「ダブる補強がすべての敗因やろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 交流戦や日本シリーズで圧倒的な強さを見せ、実力のパ・リーグは健在と知らしめたものの、やはりBクラスに終わったチームのファンは淋しい思いをしている。かつての常勝軍団、埼玉西武ライオンズのファンは複雑な心境だ。秋山翔吾が216本のシーズン最多安打記録の更新を果たし、おかわり君こと中村剛也が6回目の本塁打王(37本)。それなりに沸いたシーズンではあった。

「でもCSに行けなかった。投手力がなかったからですね。ドラフトではきっと良い投手を獲りに行くと思っていた」(30代男性)

 期待通り、ドラフトでは8人の投手を獲ったが、

「競合を避けたのか、かなりの独自路線を貫き、1位の多和田真三郎以下はファンでも正直“誰だっけ”という選手ばかり。ちょっと複雑です」(40代男性)

 昨シーズンは優勝争いをしていたオリックス・バファローズは、最大の期待外れチームといっていいだろう。ファンの落胆ぶりも顕著だ。

「とにかくケガ人が多く、呪われているかのように弱かった。5月で自力Vが消えた時は怒りを通り越して笑った」(20代男性)

「中島裕之が想像以上に使えなかった(.240、10本塁打、46打点)。でもこれがチームではマシな方という惨状だった」(40代男性)

 元オリックス監督の岡田彰布氏はこう語る。

「ソフトバンクを一気に抜き去ろうとして大補強した。しかし補強とは弱いところを補って強くすることであって、今のようにポジションがダブるのは補強とはいわん。それがすべての敗因やろうね」

 オリックスファン以上に、やり場のない気持ちを抱えているのは東北楽天ゴールデンイーグルスのファンだろう。

「シーズン途中で田代富雄コーチが辞めちゃうし、チームはバラバラ。途中から諦めていた。ただあの戦力で序盤の頑張りは見事だった。オーナーの横やりなく、デーブ(大久保)監督に采配させたらどうなっていたかな、と思っています」(20代男性)

 三木谷浩史オーナーの現場介入が暴露され、グラウンド外のほうで話題を振りまいてしまったシーズン。デーブ監督の功績といえば、松井裕樹を抑えに起用して成功したことくらいか。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高橋周平が育たぬと苛々中日ファン キヨシ称賛の横浜ファン
巨人ファンも原采配は限界と認識 阿部の一塁転向から狂った
SBファン 「強すぎてV9時代の巨人ファンの気持ちわかった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP