ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三行広告が生んだ惨劇 百人超の子の命が奪われた寿産院事件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新聞の片隅に載せられている「三行広告」には、市井の人々の本音を剥き出しにしたメッセージが詰め込まれている。しかしそんな三行広告が生んだ惨劇が「寿産院事件」だ。

 1948年1月のある夜、東京・新宿で4人の嬰児の遺体を運ぶ葬儀屋が非常警戒中の警察に見咎められた。遺体の数と埋葬許可証の数が合わなかったため、不審に思った警官が追及したことから、前代未聞の乳幼児の大量殺人が発覚する。

 舞台となったのは新宿柳町の助産院「寿産院」。院長夫婦は新聞・雑誌の三行広告で「子供を預かる」と宣伝し、1人あたり5000~8000円の養育費で引き取っていた。当時は避妊技術が十分でなく、中絶も法律で禁止されていた。満足に食べさせることができず、子供を手放す親も多かった。

 三行広告を見た親たちによって助産院には200人を超える乳幼児が集まった。院長夫婦は希望者に子供たちを売っていた。売れなかった子供には食事もろくに与えず、幼児に配給されるミルクや砂糖を横流しし、病気になっても放ったらかしにした。
 
 当時の報道によると、栄養失調で餓死したり、凍死したりした子供は103人にも上ったという。たった三行の広告がきっかけで100人を超える子供たちの命が失われたのである。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
天才的コピーライターでもあった松下幸之助 伝説の三行広告
新聞の三行広告 ロス疑惑、グリコ・森永事件でも使われた
新聞の三行広告 「細面固社保完経優交全電乞年不」の意味とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP