ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK『新・映像の世紀』 慰安婦をどう描くかで真価問われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界中の映像アーカイブスから素材を収集し、1995~1996年に放送されて高い評価を得たNHK『映像の世紀』。10月25日からその新シリーズの放送が始まった。第1回「百年の悲劇はここから始まった」では第一次世界大戦が描かれた。今後は月1回ペースで放送されていく(全6回)。
 
 劇作家・映画プロデューサーで『チャップリンとヒトラー』(岩波書店刊)の著者・大野裕之氏はこう評す。
 
「第1回は第一次大戦から20世紀の様々な悲劇が始まった構図をわかりやすく描いていました。敗戦後、ドイツ皇帝・ウィルヘルム2世が亡命先で薪を割っている場面には、こんな映像が残っているのかと驚きました。残酷な死体も含め、当時の映像を包み隠さず見せる姿勢は高く評価します」
 
 一方、20年前の『映像の世紀』を高校時代に貪るように見たという評論家・宇野常寛氏は首を傾げる。
 
「正直、期待外れでした。まず素材となる映像資料が弱い。そして解説も中学校の教科書レベルの薄さで、これでは歴史ファンは納得しない。日本の中流を舐めてるとしか思えない。さらに悪質なのが陰謀史観全開のストーリーを映像の与える印象と意図的に誤読を誘うナレーションで押し付けてくる詐術にはヘドが出ますね。いまのテレビ業界の無能と思い上がりを象徴する第一回だったかと」
 
 たしかにアメリカ参戦の理由が金融資本家による圧力にあったように描くなど、強引な展開であった印象は強い。
 
 ただ、「むしろバランスを取ろうとしていないのが面白い」と語るのは現代史研究者で『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)の著者・辻田真佐憲氏だ。

「前作に比べると、“挑発的な編集”が多い。第1回ではフランス軍の慰安施設の映像をあえて入れ込んだりしていました。注目は第二次大戦を描く第3回です。海外の慰安施設に触れて視聴者を挑発したのだから、日本の慰安婦問題をどう描くのか。そこで今シリーズの真価が決まる」
 
 やはり貴重な記録映像に多くの人の関心が集まっているわけだが、前出・大野氏はこう付け加える。
 
「かつてチャップリンは、『記録映像の中には毒が入っている』といいました。映像には当然、映す人や編集する人の“意図”があります。それが映像の毒です。記録映像ではなくフィクション作品で近未来に起きる事実に迫ったチャップリンは中立的だと思われがちな記録映像の危うさをよく分かっていた。
 
『新・映像の世紀』では、第一次世界大戦の引き金となったオーストリア皇太子暗殺(サラエボ事件)の部分でピストルのイメージ映像や銃撃音を重ねるなど、“過剰演出”がありました。分かりやすくするための加工です。すべての映像には、そうした様々な“意図”が含まれる。それを意識して見てこそ、『映像の世紀』を本当の意味で楽しめるのではないでしょうか」

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ビートたけしが映画と漫才の違いやアートについて語った本
被災地を空撮した空撮家 「遊び道具で飛んでいいのか躊躇」
【書評】現代史に翻弄された作家・カミュ 一貫して暴力批判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP