ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どう見せたい?TPOに合わせてチェンジ!ポニーテールスタイル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高い位置でのポニーテールは“元気”なイメージに

高い位置でのポニーテールは“元気”なイメージに

皆さんは、髪を結ぶ時、何か意識して結んでいますか?
今回は、髪を結う高さの印象についてお話します。
あまり意識されていない方が多いかもしれませんが、髪を結ぶ高さで、見られる印象は変わります。
まず、高い位置。
高く結ぶと、「元気」「活発」「若々しい」という印象になります。
上の方で結んで、お団子にしている人が多いですが、やはりそういう印象を受けると思います。
アウトドアやデートなどのシーンに合うと思います。

 
低い位置は上品に見せたい時におすすめ

低い位置は上品に見せたい時におすすめ

次に低い位置。
低い位置で結ぶと、「大人しい」「おしとやか」という印象になります。
大人な女性の方が下めの位置でシニヨンを作り、まとめているのをよく見かけます。上品で落ち着いた印象になるからかと思いますが、お着物を着る時などは、下めでまとめる方が多いです。幅広い年齢層の方から好印象を受けたい結婚式のお呼ばれなどにもおすすめです。
最近は、若い方が下めでまとめて、ちょっとルーズ感を出すヘアスタイルも流行っています。

 
真ん中の位置ではオールラウンドに使えるまとめ髪に

真ん中の位置ではオールラウンドに使えるまとめ髪に

後頭部の位置。
鼻から耳にかけて、その延長線上で結ぶと、ちょうど良いバランスで、高い位置、低い位置2つのちょうど真ん中の印象になります。
ヘアアレンジにはオールラウンドに使える高さです。オフィスにも合いますね。
それを踏まえた上でヘアアレンジを考えてみると、ワンランク上のヘアアレンジができる上、周りの方からの印象が上がること間違いなし!
ぜひ参考にして、なりたいイメージのヘアアレンジを楽しんでください。

斉藤孝司(komm her)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。