ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面倒見がいい人に共通する8つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

good-caring-ppl

自分の周りに、「あんなふうになれたらいいな」と思えるほどの面倒見がいい人がいたらステキな事ですよね。

ここでは、そんな彼らに共通する特徴について、具体的にご紹介していきますので、自分自身の周囲の人を思い浮かべながら、チェックしてみましょう。

1.常に周りの状況をよく見て行動している

G

面倒見がいい人は、周囲の様子を常に気にしています。

無意識に周りの状況を見て、何ができるかを考えてしまう性分なのです。

手助けを必要としている人や、困っている人がいれば、そっと近くに駆け寄り、できる限りの手を尽くします。

2.面倒見がいい人は、フットワークが軽い

good-caring-ppl5

面倒見がいい人は、見て見ぬふりができない性格なので、自分が忙しいときでも他人のことを気遣い、手を差し伸べようと行動を起こします。

「大丈夫ですか」「お手伝いしましょうか」と相手に声をかけ、迅速にフォローすることができます。

3.知人や友人から、相談を受けることが多い

Students Walking Together

面倒見がいい人は、頼りになる存在として、基本的に周囲の人々から慕われています。

年齢や性別に関係なく、彼らには、悩みや相談事を聞いてほしいと思う人々が後を絶ちません。

抱えている悩み自体の解決に至らないとしても、本音で話をすることで、相談者の心は軽くなり、笑顔が戻ってきます。

4.面倒見がいい人は、的確なアドバイスができる

good-caring-ppl3

面倒見がいい人は、人の気持ちを察したり、空気を読んだりすることが得意なので、相手の状況に応じて、的確なアドバイスをすることができます。

ちょっとした一言を伝えてもらうことで、相手は、「とても助かった」「本当によかった」と感じます。しかも、彼らは「たまたま気づいたから」「気になったから」と思ってアドバイスをするだけであって、まったく気負う気持ちはありません。

5.面倒見がいい人は、見返りを求めない

Portrait of a woman laughing with a perfect teeth

面倒見がいい人は、人に対して手を差し伸べるときに、相手の出方を伺ったり、損得を考えることはありません。

「こうしてあげたら助かるだろう」「こうしてもらったら嬉しいだろう」と相手が嬉しいと感じることを考えて行動することに終始しています。

もし、相手から御礼をされたとしても、「そんな、大したことはしていませんから」と、どこまでいっても謙虚な姿勢は変わりません。

6.他人のミスをさりげなくカバーできる

Business team brainstorming

面倒見がいい人は、他人の失敗やミスを見つけたときには、責め立てることなく、さりげなくカバーをしてあげることができます。

「失敗はだれにでもあることだから」と考えているので、誰に対しても優しく寛容になれるのです。

窮地を脱するために、「だったら、こうしましょうか」と自分から提案をしてくれることもあるでしょう。

彼らは、周囲の人にとって、常に心強い存在なのです。

7.面倒見がいい人は、おせっかいを焼くこともある

mother reconciling young couple

面倒見がいい人は、相手にとってよかれと思い、自発的に行動する傾向があるので、受け手によっては、「余計なこと」をされているように感じることもあるかもしれません。

そのような場合には、常に善意でしてくれていることを理解し、「ありがとうございます」とお礼の言葉を伝えた上で、状況に応じて丁重にお断りするようにしましょう。

8.面倒見がいい人は、分け隔てなく人と接する

We have a lot to catch up on!

面倒見がいい人は、人の好き嫌いで行動を変えることはありません。

基本的には、だれとでも同じように接することができ、いつも穏やかな表情で冷静に対応をしています。

人と接することが好きなので、常に多くの人に囲まれて日々を楽しんでいます。

あらためて面倒見がいい人の特徴を挙げてみると、やはり人間的な魅力にあふれていることがお分かりいただけたことと思います。彼らは人の何倍も喜びや楽しみを感じて、心豊かな人生を送ることができるのかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

人気者に共通する10の特徴
内向的な性格の人に共通する10の特徴
動物に好かれる人に共通する5つの特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。