体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

面倒見がいい人に共通する8つの特徴

good-caring-ppl

自分の周りに、「あんなふうになれたらいいな」と思えるほどの面倒見がいい人がいたらステキな事ですよね。

ここでは、そんな彼らに共通する特徴について、具体的にご紹介していきますので、自分自身の周囲の人を思い浮かべながら、チェックしてみましょう。

1.常に周りの状況をよく見て行動している

G

面倒見がいい人は、周囲の様子を常に気にしています。

無意識に周りの状況を見て、何ができるかを考えてしまう性分なのです。

手助けを必要としている人や、困っている人がいれば、そっと近くに駆け寄り、できる限りの手を尽くします。

2.面倒見がいい人は、フットワークが軽い

good-caring-ppl5

面倒見がいい人は、見て見ぬふりができない性格なので、自分が忙しいときでも他人のことを気遣い、手を差し伸べようと行動を起こします。

「大丈夫ですか」「お手伝いしましょうか」と相手に声をかけ、迅速にフォローすることができます。

3.知人や友人から、相談を受けることが多い

Students Walking Together

面倒見がいい人は、頼りになる存在として、基本的に周囲の人々から慕われています。

年齢や性別に関係なく、彼らには、悩みや相談事を聞いてほしいと思う人々が後を絶ちません。

抱えている悩み自体の解決に至らないとしても、本音で話をすることで、相談者の心は軽くなり、笑顔が戻ってきます。

4.面倒見がいい人は、的確なアドバイスができる

good-caring-ppl3

面倒見がいい人は、人の気持ちを察したり、空気を読んだりすることが得意なので、相手の状況に応じて、的確なアドバイスをすることができます。

ちょっとした一言を伝えてもらうことで、相手は、「とても助かった」「本当によかった」と感じます。しかも、彼らは「たまたま気づいたから」「気になったから」と思ってアドバイスをするだけであって、まったく気負う気持ちはありません。

5.面倒見がいい人は、見返りを求めない

Portrait of a woman laughing with a perfect teeth

面倒見がいい人は、人に対して手を差し伸べるときに、相手の出方を伺ったり、損得を考えることはありません。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。