ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界で最も乾燥した砂漠に、突如花が咲いた(画像あり)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
desertflowering

枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよね。この幻想的な風景が生まれた背景には、地球温暖化にも紐づくあの異常気象がありました。

不毛の砂漠がピンクに染まった!

Atacama1

ここはチリのアタカマ砂漠。20世紀初頭に記録された、173ヶ月降水量ゼロという事実から、「世界で最も乾燥した大地」として知られています。この不毛の大地が、ときにご覧のような幻想的な光景を見せるのだから、大自然の不思議さを感じずにはいられません。

「今年の花の咲きようは、私が赴任した過去18年の中でこれまでに前例がないほど。それも、一年のうちに2度も花で埋め尽くされるなんて」

アタカマ国立観光サービスの管理者Daniel Diaz氏は、ピンク色に染まる花(ウスベニアオイ)の絨毯に驚きを隠せない様子。初めて目にする前代未聞の光景を「EFE」に語っています。
例年、春先に花をつけることはあっても、それを足元で見つけることの方が大変なんだそう。それが、2015年はまるで桃源郷のような光景が1度ならず2度も発生していると聞けば、彼の興奮にも納得がいきます。

エルニーニョの恩恵!?
乾いた大地に花咲かせた
2度の記録的豪雨

562faec900ee7

さて、アタカマ砂漠の南に位置する街アントファガスタの年間降水量は、わずかに1.7ミリ。ところが、強いエルニーニョが発生する年には、一転して大雨を降らせることがあると「Washington Post」は伝えています。

記録的な大雨による大洪水がチリ北部を襲った2015年3月、アタカマ砂漠に降り続いた雨は、一昼夜で24ミリに達しました。数字だけ見ればわずかに思えるかもしれません。しかし「砂漠に降る雨としては前代未聞レベル」だと Diaz氏。
さらに、同地域は、今年は8月にも例年にない大雨に見舞われました。まるで長い“冬眠”から目覚めたような、一面の花々とエルニーニョの因果関係。さらには、観測史上最大クラスのハリケーン・パトリシアによる影響で、長雨が続いたこともこの満開の花々をもたらした要因のようです。

皮肉にも、エルニーニョの年にしか見ることができない“砂漠の奇跡”。やっぱり、自然って不思議ですよね。

 Reference:Washington PostEFE
Licensed material used with permission by Planedia, EFE

関連記事リンク(外部サイト)

LA市が、干ばつ対策に「9,600万個のボール」を投入!?(動画)
タバコのポイ捨てを、劇的に減らした「看板」。その斬新すぎる仕掛けとは?
たった1分で海水を「飲み水」に変える新技術がスゴイ・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。