ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone・歴代10機種で水没実験。最後まで生き残ったのは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めています。

最後まで動いたのは
意外にも○○だった!

使用したのは、初代iPhone2GからiPhone6sまでの全10機種。すべて正常に動いているものを、水の中に入れていきます。

どのくらいで使えなくなってしまうかを計るため、それぞれストップウォッチをオン。
同時に水の中へ「ポチャッ」。本体の中にも水が染み込むようにと少し揺らします。揺らした瞬間、動かなくなってしまったのは3Gs、4、4sに5c。
5sと6sは、電源がついたり消えたりを繰り返しています。
やがて他のiPhoneも白い画面に変わっていく中、最後まで粘り強く残ったのは…。

なんと3G!

記録は、2分5秒。最新機器の方が長く持ちこたえると思っていただけに、予想外の結果に驚くZachさん。

5sと6sは最後まで画面はついている状態ですが、すべて使い物にならなくなってしまったとか。

ここで紹介した実験は一人のユーザーが好奇心から行ったこと。同じ機種でも、デバイスによって違いは見られるかもしれません。

Apple社はiPhoneに防水機能がついているとは言っていないので、くれぐれも真似はしないように。

Licensed material used with permission by Zach Straley

関連記事リンク(外部サイト)

【落下実験】「iPhone 6s vs 6s Plus」頑丈なのはどっち?
川でSUPをしていたら、うごめく黒い集団が!正体はなんと・・・
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP