ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんとお米一粒で出来たお寿司!キッカケは「世界一小さい寿司が食べたい」という冗談から?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の寿司職人、東京台東区にあるすし屋「野八」の板前さん池野弘礼さんが作る「ミニチュア寿司」をご紹介!なんとこのお寿司、シャリは米粒1つだけで、そこに海苔を巻いたり、ネタを乗っけたりして、通常のお寿司とまったく同じお寿司をつくりあげています!

実際のお寿司とミニチュアお寿司の比較

 

このミニチュア寿司のキッカケとなったのは今から13年前、あるお客さんが「世界一小さい寿司が食べたい」という冗談から始まっているそうです。

この一言は池野さんの職人心に火をつけ、このお客さんの為1つの小さい寿司を作り上げ、その後も更に研究を重ね自分が作れる最も小さい寿司の大きさを考えられたそうです。そしてできたのが米粒1つのこのミニチュア寿司。

ぜひその動画をご覧ください

※画像をクリックするとyoutbeへリンク致します。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP