体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アン・ハサウェイ、キアヌ・リーヴス、ダニエル・ラドクリフが映画『The Modern Ocean(原題)』に出演

Anne Hathaway Keanu Reeves Daniel Radcliffe

シェーン・カルースが手掛ける映画『The Modern Ocean(原題)』は素晴らしい俳優陣を揃えた。アン・ハサウェイ、キアヌ・リーヴス、ダニエル・ラドクリフ、クロエ・グレース・モレッツ、トム・ホランド、エイサ・バターフィールド、エイブラハム・アター、ジェフ・ゴールドブラムが全員出演する。

カルース自身も出演する予定だ。プロデューサー陣はブラックバード・フィルムズのローレンス・イングリー、カルースのイー・アール・ビー・ピー・フィルムとタドムル・エンターテイメントのアール・リモンだ。フィルムネーション・エンターテイメントは、11月4日(現地時間)にオープンするアメリカン・フィルム・マーケットで世界セールスを立ち上げる。

これまでのカルースの作品は2013年にサンダンス映画祭で特別賞を受賞した映画『Upstream Color(原題)』と、2004年にサンダンス映画祭でグランプリとアルフレッド・P・スローン賞を獲得した映画『プライマー』がある。

映画『The Modern Ocean(原題)』のストーリーは、価値ある航路をめぐる争い、値段のつけられない高価なものの隠し場所の探索、謎めいた科学技術と悲惨な対立関係で満たされた秘密主義の世界における復讐への欲求を中心に展開する。

カルースは9月下旬に初めてこのプロジェクトを公にした。

フィルムネーションのセールス部門のシニアVPを務めるタラ・エラーは「我々は、このプロジェクトでシェーンとともに働けることに感激しています」と述べた。「彼は今日、最も刺激的で独創的な映画制作者の一人です。彼の作った映画『The Modern Ocean(原題)』の世界は、観客の誰をも興奮させ、魅了するでしょう」(エラー)。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。