ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空飛ぶ車や水中乗馬も!1900年に描かれた未来予想図が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰でも一度は想像したことがある、未来の世界

テクノロジーの発達や人々の生活の変化は、考えるだけでワクワクしてしまう。

それは100年前の人々も同じだったようだ。

こちらは、「En L’An 2000」と題されたポストカードで、人々が想像した西暦2000年の世界が描かれている。

このポストカードが発表されたのは、当時の最新技術が発表されたパリ万博の前年、1899年。

新世紀を迎える幕開けを記念して、画家のJean-Marc Cote氏がデザインした。

時代は、産業革命が進み、人々の都市生活が急激に変化を遂げていた“ベル・エポック”。

美容室もオーダーメイド服の縫製も全自動。

レバーやアームがレトロな雰囲気で、なんだか可愛らしい。

・郵便局員は空を飛んでやってくる!

まるでジブリアニメの世界みたい!?

・消防士も空を飛ぶ!

まるで天使のような消防士は、まさにヒーロー。

・農作業も全自動!

ボタン1つで収穫ができるようだ。

・メイクだって全自動!

自分でメイクするより、複雑な機械を使いこなす方が大変そう!?

・勉強は頭に直接データ入力!

満足げに書物を詰め込む先生と対照的に、辛そうにしている子が気になるところだ。

・人気のレジャーは水中ゲートボール!

水圧と水流を考えると、かなり難しそうな競技だ。

そしてタツノオトシゴに乗ること!

馬のように乗りこなしているのは、タツノオトシゴが英語で「Sea Horse」(海の馬)だから。これは乗ってみたい!

・海中から魚釣りならぬ“鳥釣り”!?

なぜわざわざか海中からカモメを釣らなければならないのか?

突っ込みどころが満載だ…。

見ているだけで、ほのぼのしてくるこの作品。

他にも多数の作品が記録されているので、気になる人は下記サイトをチェックしてみて。

A 19th-Century Vision of the Year 2000
http://publicdomainreview.org/collections/france-in-the-year-2000-1899-1910/

未来(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP