体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

網走を観光するなら流氷体験&絶景体験♪リニューアルした「オホーツク流氷館」へ

オホーツク流氷館

流氷とオホーツク海の生き物をテーマにした北海道・網走の観光スポットとして長年親しまれきた天都山展望台とオホーツク流氷館が、「景色の美術館」をコンセプトに2015年8月に生まれ変わりました。

光と音の演出が幻想的な「流氷幻想ギャラリー」では、プロジェクションマッピングや臨場感あふれるシアターが導入され、より深く流氷の世界を体感可能に!オホーツクの風景をひとりじめするかのような「天空テラス」では、網走の四季折々の風景を360°広がるパノラマで体感。ここでは、その見どころをくまなくご紹介します!

2015年8月オープン!オホーツク流氷館

流氷を感じる!プロジェクションマッピング

オホーツク流氷館 プロジェクションマッピング 常設のプロジェクションマッピングでは3D映像が次々と姿を変える

まずは、今回のオープンを機に導入された北海道内最大級の常設プロジェクションマッピングが見どころのひとつ。流氷をモチーフにした立体的な壁面に、流氷やアザラシなどの映像が投影され、次々に変化していく様はまさにアート!

流氷を間近に!流氷の世界体感室&流氷幻想シアター

オホーツク流氷館 体験室 流氷の世界体感室には、高さ2mの巨大氷をはじめ、なんと100tの流氷を展示! オホーツク流氷館 シアター 上下・左右・正面の5面シアターでは、まるで映像の世界にいるような気分に!

通年を通して展示される本物の流氷を、見て触って観察できる「流氷の世界体感室」。マイナス15℃に保たれた室内では濡れたタオルもすぐさま凍ってしまう「しばれ体験」もできちゃう!また、光と音の演出で幻想的な空間を演出されているので、流氷の移ろう網走の1日に思いを馳せてみよう。

そして、「流氷幻想シアター」では、新たに4Kで撮影された流氷の映像や流氷の下で生きる生き物、網走近海の自然の映像が上映され、臨場感たっぷり!

かわいい生き物を観察!飼育展示コーナー

オホーツク流氷館 フウセンウオ しかめっ面をしているかのような顔が人気のフウセンウオ オホーツク流氷館 クリオネ クリオネは流氷の天使とも称される
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会